社会福祉法人恩賜財団  大阪府済生会野江病院

業種 病院
2020年取材記事
救急・集中治療領域における薬剤師活動のさらなる進展を目指して。
薬学研究科 2007 年修了
私のCAREER
薬剤科 主任

救急集中治療科の設立に伴い、その立ち上げメンバーに抜擢されたことを契機に、 救急領域での薬剤師業務の確立に尽力。救急認定薬剤師などの資格も取得し、 実務実習生から若手薬剤師、大学の先生方をも対象にした研修会の企画、開催など、 情報発信にも積極的に取り組んでいます。

14年のCAREER

  • 1年目

    調剤業務
    後半からは病棟業務

    調剤をはじめとする薬局内の業務について約半年かけて学んだ後、1年目後半からは病棟薬剤業務も実施。小児科や泌尿器科、がん科、産婦人科などから始まり、様々な病棟を担当する中で、幅広いスキルと経験を積む

  • 3年目

    集中治療室や救急外来での
    薬剤業務を担当

    救急集中治療科の設置に伴い、集中治療室や救急外来での薬剤業務を担当することに。より幅広い知識を習得すべく、学会や研究会に積極的に参加することはもちろん、自身でも学会発表を行うなど、情報発信にも精力的に取り組む

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    方向性を示す発言をすることは非常に勇気がいることです。その重責を担うには、勉強するしかないと自己研鑽にも一層熱が入るようになり、学会や研修会に積極的に参加する中で、知識の習得はもちろん、人脈も広がり、現在の礎を築くことができました。

  • 7年目

    救急認定薬剤師などの
    資格を取得

    救急外来での薬剤業務の実状について知ってほしいと、救急認定薬剤師と認定実務実習指導薬剤師の資格を取得し、実務実習生に向けた中毒の講義を行うなど、積極的な情報発信活動を継続。9年目には抗菌化学療法認定薬剤師の資格も取得。11年目には学会のシンポジストとして招かれるなど、活動の幅が広がる

  • 12年目

    主任

    主任として、薬剤科内のシフト管理などを行うほか、救急外来や集中治療室、透析室を継続して担当。さらに循環器内科と心臓血管外科の一般病棟も担当し、抗菌薬適正使用支援チームや呼吸ケアチームなどのチーム医療にも参画。院内での研修会の開催などに加え、院外の学会や研修会の企画・運営などにも多く携わる

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    仲間同士で近畿救急薬剤師検討会を立ち上げ、現在、その代表世話人を務めています。救急領域における薬剤師活動の発展のために何ができるかと仲間たちと一緒に考え、若手薬剤師や学生を対象にした検討会を実施する中で、多角的な視点を養うことができています。

臨床も研究もできる
環境を求めて入職

 薬学研究科を修了し、臨床も研究もできる環境に就職したいと考える中で、関心を持ったのが野江病院でした。当時から病棟活動を積極的に展開していることに加え、院内調剤を行っており、薬剤師の基礎となる調剤についてもしっかり学ぶことができることがポイントとなり、入職を決めました。
 入職後、1年目の前半はまず調剤を徹底して学び、後半からは病棟にも行くようになり、調剤と病棟の両業務を並行して学ぶことで双方の知識を高めていきました。処方箋だけでなく、体重や検査値などのデータも照合するなど、薬の効果を最大化するために、より患者さまの実態に即したものにしたいという気持ちは、実際に患者さまと接するようになって特に強まったと感じています。

救急集中治療科の
立ち上げメンバーに抜擢

 3年目には、当院に救急集中治療科が設置されることとなり、その立ち上げメンバーに薬剤部長から抜擢されるという転機を迎えました。各科の部長クラスの医師たちが集まる中に、私一人が若手という状況で、最初は緊張のあまり、ほとんど発言できない状態でした。そんな私に経験豊富な先輩医師たちから声をかけていただき、学会に誘ってもらったり、相談に乗ってもらったり…。なかには、以前から院内のフットサルチームで一緒だった気心の知れた先生もいて、いろいろと話を聞いてくれました。周囲の人に恵まれていると感じるとともに、支えてくれる人たちのためにも頑張らなくてはと意欲も増しました。
 救急外来や集中治療室での薬剤業務に携わる中で感じる一番のやりがいは、初期投与に関与できるということです。一刻の猶予もなく、ミスは許されないという緊迫した状況で、他職種から意見を求められ、まさにチームの一員として専門性を発揮できていると感じることができます。
 また、救急外来や集中治療室を担当していくうちに、一般病棟で患者さまの様子が急変した時に、医師や看護師から呼ばれることも増え、「急変対応でも薬剤師としての専門性が求められている」と感じ、さらに自己研鑽に向けた意欲も高まりました。

救急領域における
薬剤師活動の発展へ

 救急領域における薬剤師の活動をもっと知ってもらいたい、そして仲間を増やしていきたいという思いから、学会発表など外部への情報発信にも、これまで以上に積極的に取り組むようになりました。
 さらに、学生にとって救急領域は関わる機会が少なく、具体的にイメージしにくい実態にも着目。せめて当院に実務実習に来る学生には、その実態を知ってもらえるよう講義を担当したいと考え、そのためにはまず自身の知識をより正確なものにしなければと、救急認定薬剤師と認定実務実習指導薬剤師の資格を取得。その上で、上司に実務実習生に向けた中毒の講義をしたいと訴え、承認をもらいました。最初は講義だけでしたが、現在では実際に救急外来や集中治療室の現場見学はもちろん、実地教育を行うなど、薬剤師として病院で働くことの多様な可能性を知ってもらうように努めています。私自身も、学生に向き合う中で、新しい気付きや発見など、様々な刺激をもらっています。
 救急領域では感染症への対応も必須となるため、9年目には抗菌化学療法認定薬剤師の資格も取得。抗菌薬適正使用支援チームに参画し、血中薬物濃度モニタリングに基づいた薬物投与設計などにも寄与しています。

シンポジストを務め
広がる活躍の場

 10年目には近畿地区で救急領域に従事する薬剤師で集まって近畿救急薬剤師検討会を立ち上げ、11年目には医療薬学会で救急領域における抗生剤の適正使用についてのシンポジストを務め、12年目には薬剤部長から主任に任命されるなど、3年の間に転機といえることが立て続けに起きました。なかでもシンポジストとして登壇したことを契機に、研修会講師として招かれる機会も増え、活動の場が格段に広がってきたと感じています。
 また、これまで自分が教えてもらったこと、サポートしていただいたことを、今度は後進に対して行うことが私の責務との思いから、学会や研修会の企画や運営にも積極的に携わるようにしています。最近では、救急領域の臨床現場を広く知ってもらいたいと、実務実習生だけでなく、大学の先生方に向けても、実際のシミュレーションを含めた学会ワークショップを企画したり、若手薬剤師や学生を対象にした検討会を全国各地で開催するなど、様々な取り組みを進めています。
 さらに今後、救急領域での薬剤師活動の発展を目指していくには、私自身のさらなる研鑽も欠かせないと考え、来年からは大学院の社会人博士課程に進学することを決意。新たなチャレンジを経て、大学と臨床現場の連携強化にも尽力できる人材へと成長していきたいと意欲を燃やしています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

来年から大学院の社会人博士課程への進学を予定しており、臨床と研究で研鑽を積みつつ、学位を取得し、学んだ内容を病棟業務や後進育成に還元していきたいと考えています。そして、救急・集中治療領域における薬剤師業務に対する診療報酬の拡充と、それを担える薬剤師の教育体制の充実、さらには大学と臨床現場との連携強化による教育体制のさらなる充実に貢献していきたいと思います。

これが成功の分岐点

救急・集中治療領域での 薬剤師活動の道をつくることができた

救急集中治療科の立ち上げメンバーに抜擢され、部長クラスの医師たちに交じって自己研鑽を積んだことが、救急領域における薬剤師活動の発展という今の夢につながっています。チーム医療の一員としての責務を果たしたいと、研修会にも積極的に参加する中で、点と点がつながり、知識の集積という厚みをもたらしていると思います。

私なりの仕事の心掛け

他職種との連携を常に意識 患者さまから教わることも

いつも患者さまのために、薬剤師として医師や看護師など他職種との連携を意識し、チームとして治療に貢献していくことを第一に考えて取り組んでいます。患者さまから教わることも多く、患者さまはいつもいろいろなことを気付かせてくれる、私にとっての「先生」でもあります。

学生の皆さんへメッセージ

キャリアに関する情報を しっかりと咀嚼することが大切

私が就職活動をしていた頃は、今ほど情報を入手する手段もなく、本当に苦労しました。キャリア紹介やキャリアデザインに関する情報がいつでも得られる今は、これらの情報を自分の中でしっかりと咀嚼して臨むことで、就職活動をより充実したものにできると思います。また就職してからは、まずは与えられた仕事をチャンスととらえて前向きに取り組み、自身の可能性を広げてほしいと思います。

オフタイム

フットサルが趣味で、院内の職種を超えたチームや保険薬局薬剤師主体のチームで活動しています。長期休暇は、家族でテーマパークや温泉、キャンプなど全国各地を旅行し、リフレッシュしています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る