株式会社アピスファーマシー(アピス薬局)

業種 保険(調剤)薬局
2019年取材記事
新しい業務や人との出会いが私を着実に成長させてくれる。
6年制卒 先輩薬剤師
アピス薬局 管理薬剤師
大阪薬科大学 薬学部卒業 2017年入社

プライバシーに配慮した
個室ブースで丁寧に応対

 患者さんと日頃から密に接し、細やかにサポートしていきたいと薬局を志望。なかでもアピスファーマシーは地域に根差し、予防から在宅・介護まで幅広く地域の人々に貢献しており、薬剤師としてスキルアップできると考え、入社を決めました。
 まずは2週間の研修からスタート。仕上げは2泊3日の三重県への研修旅行で、グループワークでは皆で課題について話し合うなどして、同期の絆も深まりました。
 初めて配属された店舗は、心療内科や内科など複数クリニックの近くにあり、調剤や監査、服薬指導を基本から学ぶことができました。驚いたのは、服薬指導を個室ブースで行えるようになっていること。精神科の患者さんが多いこともあり、プライバシーに配慮しながら、しっかりとお話を聞ける環境が整っていると感じました。とはいえ、最初は患者さんから悩みを相談されても、頷くだけでうまく答えられず、落ち込むこともありました。先輩の話し方を真似し、「聞く力」「伝える力」を磨き、少しずつ患者さんに「話を聞いてくれてありがとう」と言われたり、質問に的確に答えたりできるようになっていきました。

生活状況を踏まえた
より実効的なアドバイスへ

 2年目になると、在宅業務にも携わるようになり、ケアマネージャーや介護スタッフの皆さんと一緒にカンファレンスに参加するなど、店舗の枠を超えて活動も広がりました。患者さんの生活状況を知ることで、今まで以上に実効的なアドバイスをすることができたり、患者さんの方からもいろいろと話をしてくれるようになったりと、より関係性を深めることができています。また薬が変わったタイミングなど、変化がある時は特にしっかりと体調などを確認し、医療スタッフに情報共有するようにしています。
 3年目を迎える現在は管理薬剤師として店舗運営や人員配置なども任されています。ベテランの薬剤師も多い中、チームワークを重視し「みんなが働きやすい店舗にしたい」という思いから、私から一方的に話すのではなく、みんなでアイデアを出し、一緒に改善していくスタンスを貫いています。社会人になって3年ですが、年々新しいことを経験し、着実にステップアップできていると感じています。これからもいろいろなことにチャレンジし、成長し続けていきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

まずは管理薬剤師として「みんなが働きやすい店舗」にしていくことが目標です。また年齢を重ねてもチャレンジし続ける人でありたい、仕事に対して常に真剣に向き合い、手を抜いたり、楽をしようとしたりしない人であり続けたいと思います。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    社会人と学生との一番大きな違いは「責任」だと思います。社会人になると責任感を持って行動することが求められますし、責任をとって謝罪することも多くなるので、必然的に責任を強く意識するようになります。

  • 学生時代にしておけば
    よかったこと

    学生のうちに、もっと交友関係を広げて、いろいろな人と関わっておけばよかったと思います。アルバイトやボランティア活動など、多様な背景を持つ人たちと関わっておくと、知識や興味の範囲も広がり、社会人になってから役立つと思います。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    きちんと休みが取れるか、通勤にどのくらいの時間がかかるかなどは、日々のことなのでしっかりと確認したほうがよいと思います。自分の生活や心に余裕があることが、仕事の質にもつながると感じています。

オフタイム

休日は友達と食事に行ったりすることが多いです。
集合研修の後には、同期で集まって
食事をしながら情報交換したり、
悩みを相談したりしています。
創業40周年記念に社員全員でディズニーランドに
行った時は本当に楽しく、大いに盛り上がりました!

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る