フタツカ薬局グループ

業種・職種 保険(調剤)薬局
2019年取材記事
「この薬局にきたら安心する」と皆さまに頼られる地域の健康拠点に!
フタツカ薬局
薬学部卒業 2018 年入社
私のCAREER
薬局長

治験コーディネーターから薬局薬剤師に転向。さらに、2018年にフタツカ薬局に入社し、薬局長として健康をサポートする様々な取り組みを推進しています。最前線に立ち、患者さまの身近な悩みを聞きながら地域医療に貢献していきたいと思います。

11年のCAREER

  • 1年目~

    治験業界に入社
    治験コーディネーターを経験

    卒業後は治験業界(SMO)に入社し、治験コーディネーターとして業務に従事。治験実施医療機関の医師や医療関係者、患者さま(被験者)との間に立ち、治験の円滑な進行を支援

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    SMOの業務は、患者さまとの関わり方において自分が求めていたものとギャップがあり、「薬の専門家として患者さまのもっと身近でお役に立ちたい、地域の皆さまに貢献したい!」という思いが高まり転職を決意しました。

  • 3~9年目

    保険薬局へ転職

    患者さまを直接的にサポートできる薬局薬剤師に転向。薬に関しての知識が不足していることを痛感。添付文書をボードに貼るなどして必死に覚え、知識を完璧なものに。様々な店舗の管理薬剤師を務め、多くの新規開局業務などにも携わる

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    複数の店舗運営や医師とのコミュニケーションを前職で経験したことは、現在の店舗運営にも生かされています。また業界の動きを知り、薬剤師としての自分を俯瞰できたことで次のステップに進めました。

  • 10年目

    フタツカ薬局に入社
    様々な取り組みにチャレンジ

    フタツカ薬局の理念や取り組みに共感し入社。西神戸店の薬局長として、業績管理・スタッフ教育・業務改善などに取り組みつつ、前職ではできなかった地域の皆さまの健康をサポートする取り組みを企画し推進

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT3

    当社の考え方や環境の中で、エリアマネージャーとして働きたいです。前職では現状維持的な考え方しかしていませんでしたが、今は薬局運営に対する明確な目標があり、5年内に実現させたいと思います。

治験業界(SMO)から調剤薬局へ
エリアマネージャー等を経験

 医療機関の治験業務を支援するSMOを最初に選んだのは、新薬開発に携わりながら、治験に参加する患者さまの不安を私自身が取り除けたらと考えたからです。様々な職種の方に囲まれる治験コーディネーターの業務は刺激的でしたが、治験を満了するには多くの制約があり、患者さまへの関わり方に自分の理想とのギャップがありました。
 「もっと直接的に、身近で患者さまに貢献していきたい!」と考え、3年目に薬局の薬剤師に転向。薬の知識も不完全でしたので当初は必死に勉強しましたね。その後、管理薬剤師に着任し新規開局なども含め様々な業務を経験。数年後エリアマネージャーに就任し、他社薬剤師との交流機会も増え様々な情報交換をする中で、未病支援や健康情報発信などの取り組みが今後ますます大切になると感じました。薬剤師としてこれまでスキルを培ってきましたが、さらに患者さまに貢献できる、新たな取り組みが行える環境で働きたいという気持ちが強くなりました。

患者さまファースト
日常の中の医療を支える

 新しい環境を求め選んだのがフタツカ薬局です。「日常の中の医療を支えるコミュニティーファーマシー」という考え方や取り組みは、患者さまの健康を身近で支えていきたい私の思いに合致していました。現在、西神戸店の薬局長として私自身も服薬指導を行っていますが、一人ひとりの患者さまへの心配りを行き届かせることができやりがいを感じています。
 薬局は薬をお渡しするだけで終わりではありません。きちんと服用されて初めて効用があるわけですから、新しいお薬などの場合はアフターフォローを行っています。例えば、挿入の角度などの使い方が難しい座薬は「上手く使えていますか?」と患者さまの状況を電話で確認。必要あれば医師への報告・相談を行うなど細やかなサポートを行っています。
 「どんな時も、薬局都合でなく、患者さまファーストで考えてほしい」。新人教育等で今私が伝えている言葉ですが、このスタンスを大切に地域の皆さまから信頼され頼っていただける薬局を作っていきたいと考えています。最近では「この薬局にきたら安心する」などのお声を患者さまからいただけるようになりました。店の評価は私自身のことを褒めてもらうより嬉しいですね。

スタッフ全員がヘルスケアを
提案できる薬局に

 地域の健康情報拠点として、未病への取り組みを進めています。なぜこの薬がよいのかの根拠の説明や、来局される患者さまの特徴に合わせた品揃えをすることで「ドラッグストアにできないOTC販売の仕方」を確立していきたいと思っています。スタッフが進んでPOPを作成してくれるなど、皆で協力して実現に向け動き出しています。
 また、地域の皆さまに健康情報を発信する「オープン薬局」も開催予定。小児科医と連携し、薬の飲ませ方セミナーや、子供薬剤師体験なども企画し、お役に立てる薬局と認知してもらえたらと思っています。自分から能動的に動ける薬剤師が増えると店はさらに良くなっていくと思うので、こんな企画はどうですか?とスタッフから提案があれば嬉しいですね。
 今後の目標は、今の店舗を全ての面で誇れる薬局に成長させ、数年後はエリアマネージャーに着任したいです。その時を見据え、他店舗応援にも積極的に出向き、各店のスタッフと関係性を構築しています。近い将来、担当エリア内に今の西神戸店と同様の店舗を増やし地域医療に貢献していくことを目指しています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

薬剤師全員がキラキラしながら働ける店舗を作り上げたいです。今後は、地元の中学生の職業訓練授業や薬学生の実務実習への関わりをどんどん増やしていきたいです。一人でも多くの意欲溢れる人たちが薬剤師という職業に、そしてフタツカ薬局に関心を持ってもらえたらと考えています。

私なりの仕事の心掛け

自分がまずやってみて実証し 共感を得ながら取り組みを進める

自分が良いのではと思ったことは先に試し、その意義を見い出し、できると判断した上で「やってみないか」とスタッフに提案するようにしています。電話による薬のアフターフォローも現在試みていることの一つ。言葉だけでは説得力がないので、実証することでスタッフの共感を得ることができると考えています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る