株式会社ミック(エムハート薬局)

業種 保険(調剤)薬局
2020年取材記事
どこに行っても必要とされ、活躍できる薬剤師を育てたい。
医歯薬学総合研究科 2007 年修了
私のCAREER
人材開発部部長

エムハート薬局で薬剤師として勤務後、長年教育に携わり、ミックの研修部門を担う存在として活躍。昨年4月に人事、採用、教育の3つの課を取りまとめる人材開発部部長に就任し、社員個々の成長と活躍を支援する体制づくりに取り組んでいます。

14年のCAREER

  • 1年目

    入社
    エムハート薬局れんげじ店配属

    クリニック門前薬局で、薬局長の指導のもと薬剤師の基本業務スキルを習得。大学院へ進学したため数年のブランクがあったが、配属前の新入社員研修ではそれを補完する多様な知識を身に付けられた

  • 2~3年目

    教育部門を兼任
    中途薬剤師の導入研修を担当

    薬局勤務を継続しながら、2年目秋から教育部門を兼任。先輩の研修に同席し業務内容を覚え、主に中途薬剤師の導入研修を担当する

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    人を教育する面白さを再認識しました。専任にという話があった時はステップアップのチャンスだと。薬剤師として3年の現場経験も教育の仕事に活きると考えました。

  • 4~5年目

    教育部門課長(専任)
    新入社員研修を統括

    資料作成などの事前準備から研修、事後フォローに至るまで、新入社員研修の一連の業務を中心となって取り仕切る。検討項目はメンバーと都度話し合いミック独自の研修を実施

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    全体を俯瞰して調整、依頼や交渉をするといった管理職のスキルも業務の中で自然と磨かれました。このような基本的スキルは、人事・採用を統括する現在も役立っています。

  • 6~12年目

    教育部門部長
    教育全体の統括を担当

    新入社員に加え、エリアマネージャーや支店長など管理職を対象とした研修、既存社員・事務職の研修、教育部門の予算管理などを担い、会社の教育全体をマネジメントする

  • 13年目~

    人材開発部部長 兼採用課課長
    教育、人事、採用部門のトップに

    組織改編に伴い、教育、採用、人事を統括する人材開発部部長に就任。採用、人事に初めて携わり、現状の課題に取り組むほか、人材を活かす制度の構築に力を注ぐ

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT3

    以前別部署だった3つの課の垣根を取り払い、メンバーと一緒に課題を解決する取り組みを実行していくことに新たなやりがいを感じています。

「教育」に力を入れる企業
患者様に有益な提案ができる
薬剤師を育てる

 大学院時代に後輩の指導をすることが多かったことから、教えるということに興味を持っていました。ミックは人材教育に力を注いでいる会社でしたので、将来教育に携わることも視野に入れ入社を決めました。まずは薬局で薬剤師としての基礎を培い、兼任で中途薬剤師の研修を担当。教育専任にという話をいただいたのは3年目のことです。キャリアアップできるチャンスだと思いましたね。その後、長く教育に携わってきましたが、非常にやりがいのある仕事と感じています。
 私は中でも会社として重きを置く「新入社員研修」を統括してきました。当社の教育は手づくりであることが特徴で、500頁にも及ぶテキストを用い、3ヶ月間の集中研修を行っています。重視しているのは、楽しく、多くを学べる参加型の研修であること。基礎知識をしっかり固めると同時に、チームで意見交換を行う機会を豊富に設けています。例えば「この場合は疑義照会をするか」といったクイズ形式の設問を用意し、答えを話し合って導くといったスタイルを多く取り入れています。「主体的に考える」「考えをアウトプットする」力はこれから必要ですので、それを身に付けてもらえたらと考えています。
 『患者様の健康管理に積極的に関われ、疾患に合わせた具体的な提案ができる』そんな薬剤師を目指してほしい。これが私の思いです。

話し合いながら、共に考える
部門間の連携も強化

 薬剤師に求められるスキルや知識は年々変わりますので、テキストの内容改定は毎年大変な作業となります。また、研修は当日の講義だけではなく、関係者へのスケジュール案内、会場の確保・設営、講師の手配などの事前準備、事後アンケートの実施とすべきことはたくさんあります。それらを調整し、様々な意見を取りまとめ判断を下すのが私の役目です。
 「どうすれば効果ある研修ができるか」話し合い工夫し作り上げた研修は、研修後のアンケートでも毎年高評価を得ており、私を含めチームメンバー全員で手応えを感じています。研修を通して新入社員が成長していく、そんな姿を目にするのは何よりの楽しみですね。
 昨年4月から人材開発部の部長に着任し、教育に加え、採用・人事も新たに任されるようになりました。現在は3つの課の情報共有を密に行いながら、社員が「ミックで働いていて良かった」と思える仕組みづくりに奮闘しています。
 組織をマネジメントする者として、これからも大切にしていきたいのは、「一緒に考えていく姿勢」です。考えを押し付けず、相手の方向性を尊重しながら、自分の意見や助言を加えていきたいと思っています。

人材開発部門のトップとして
社員が活躍できる場を拡大

 これからの地域医療を支える薬剤師、会社を担う人材を開発するのが人材開発部です。そのトップとして、やる気のある社員を採用することはもちろんですが、教育で社員の能力を引き出し、さらに能力を活かし活躍できる多くの場を提供していきたいと考えています。
 その一つとして、優れた提案を行った社員をスペシャリストに認定する制度を数年前に立ち上げました。業務効率化、一包化管理プログラムの開発など、登用した提案は今全店に展開され、提案者への評価もしっかりと行われています。このような活動を強化して活性化させたいと思います。
 社員の活躍を様々な方向から支援し、活躍に応じた評価を得られる、ミック独自の制度を整備し構築していくことが今後の目標です。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

人材を開発する取り組みをどんどん実行していきます。3部門が協力して、志を持つ社員を採用。教育に力を注ぎ、活躍に見合う満足できる評価を全員が手にできる会社にしていきたい。その中で、「どこに行っても必要とされ活躍できる薬剤師」がたくさん生まれると嬉しいですね。

私のモットー

部下の考えを尊重し、下支えする
サーバントリーダーでありたい

私の役割はメンバーが働きやすい環境を作っていくことです。丁寧に話を聞き、方向性を尊重しつつ、自分ができることを付け加える。つまり、部下を引っ張る「支配型」であるより、下支えしていく「サーバントリーダー」的なスタンスで、自由に意見を述べ合える関係性を継続していきたいです。

ページトップへ戻る