株式会社トーカイ薬局

業種 保険(調剤)薬局
2016年取材記事
常に努力。地域の皆さまやドクター、会社の期待に応え続けたい!
薬学部卒業 2006 年入社
私のCAREER
薬局長(管理薬剤師)

内科・眼科クリニックの門前薬局の責任者として、業務・予算管理、スタッフの指導・労務管理など薬局運営を担っています。 3年前に結婚、仕事と家庭を両立させ薬剤師として長く働きたいと考えています。

11年のCAREER

  • 1年目

    内科クリニックの
    門前薬局で勤務

    「自宅から通える薬局」という希望が叶い、土岐中央店に配属される。内科クリニックの門前薬局で様々な処方箋を応需。患者さまへの服薬指導など薬剤師業務の基本を身につける

  • 2年目

    2院の門前薬局、
    中津手賀野店に異動

    一人暮らしを考えていたところ中津川市勤務の話をいただき異動。中津手賀野店は、内科・眼科の2院の門前にある大型薬局。患者数はこれまでの2倍となり当初は忙しさに戸惑ったが、新たな診療科の調剤についても先輩薬剤師の指導を受けながら習得していく

  • 4年目~

    薬局長の
    サポート役を担う

    前任の先輩薬剤師の仕事を引き継ぎ、薬局長のサポート役に抜擢される。店舗の在庫管理、薬品の発注、ドクターとの対応の他、後輩(新人薬剤師)の教育も任されるようになり日々奮闘

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    前任の方は周りの信頼も厚かったためプレッシャーを感じましたが、「成長した姿を見せたい!」と逆にやる気が出ました。様々な業務に取り組む中で、成長を実感できました。

  • 9年目~

    薬局長
    (管理薬剤師)に就任

    入社9年目に結婚。ほぼ同時期に中津手賀野店の薬局長に就任し、今年で3年目を迎える。家族の協力を得ながら、ON・OFFのメリハリを大切にしながら、仕事と家庭を両立させている

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    大型店の薬局長にとの話は、自分が認められたことでもあり、嬉しかったですね。トーカイ薬局では、結婚後の時短勤務制度等もありましたがあえて申請せず。全力で、まずやってみよう!と決意しました。

結婚と同時に、薬局長に
やってみよう精神で頑張る

 愛知・岐阜県下に全店舗を展開するトーカイ薬局は、地元で働きたい、地域の患者さまと触れ合える仕事がしたいと考えていた私の希望を全て満たすものでした。現在は、内科、眼科クリニックの門前薬局の薬局長として、薬剤師をはじめスタッフと共に皆さまの健康づくりをサポート。忙しい中にも充実した毎日を過ごしています。
 薬局長にというお話をいただいた時は、その半年前に結婚することが決まっており、パートなど違う働き方も考えていた時期で戸惑いはありました。しかし、トーカイ薬局でも処方箋枚数の多い店舗の薬局長に名前を挙げていただいたのは、自分の仕事ぶりを評価いただけたということ。薬局長のサポート役を数年間担い、その重責も十分認識していましたが、「期待に応えたい!まずはやってみよう!」と俄然やる気に。もともと努力が苦にならない、頑張るのが好きな性格でしたし、店舗を任された自信とプライドを持って業務に臨んでいます。

薬の専門家として信頼を
いただくには、勉強は不可欠

 薬局長の仕事は、薬局における調剤・服薬指導に加え、店舗運営に関わる業務や在庫管理、人材の管理・指導など多岐に渡ります。また、門前薬局ですので、処方元の内科医・眼科医とのコミュニケーションはとても重要です。「現状の薬の効果が見られないが、他にどういう薬が良いか」「この症状は、副作用の可能性があるか」といった問い合わせが直にあり、都度意見を求められます。新しい薬物療法にも積極的に取り組まれているドクターですので、新薬などの勉強は当然欠かせません。勉強会などに参加し知識・情報の習得に励んでいますが、その中で新しい発見もあり、ドクターの信頼はもとより患者さまの健康につながっていくのですから、やりがいは非常にありますね。

患者さまが気軽に立ち寄れる
スタッフが働きがいを感じる薬局に

 トーカイ薬局は「地域の健康ステーション」となるべく、地域特性に合わせた薬局づくりを進めています。中津川は高齢の方が多く住まれている地区ですので、健康相談や介護の相談など、薬のこと以外にも気軽に立ち寄ってもらえる店を目指したいと思います。独居の方もふらりと話をしに来てもらえる薬局になれたらと。例えば雑談の中で足の浮腫・しびれなど体調変化の話が出たら様々なアドバイスもできますし、必要であれば医師に情報提供もします。何でも聞ける便利な場所として活用してもらえればと思っています。
 スタッフに対しては、働き心地のいい職場にしたいですね。忙しい店舗ですが、その分活気がある、仲がいいと、スタッフのメリットになる環境を創るのが私の役割です。そのため、昼休みなど業務の隙間時間に、全員と色々な話をしています。コミュニケーションを密にすることで患者さまに対するトラブル等も未然に防ぐこともできます。薬局運営については一定の成果も出ていますので、良い方向を向けているのではと思っています。

トーカイ薬局の支援体制を活かし
薬剤師のキャリアを継続させたい

 勉強は必要ですが、場所が変わっても前のキャリアが活かせるのが薬剤師の仕事です。当社では、結婚や出産育児といったライフイベントに関わる支援制度が充実。入社前に「店舗間の連携がいい」ことを聞いていましたが、ドミナント出店もそれを支える体制の一つではないでしょうか。例えば誰かが特別休暇を取るなどイレギュラーがあった時も、店舗同士でヘルプし合える体制となっています。他店への応援は、総合病院、耳鼻科、皮膚科など様々な処方を経験でき、成長できる良い機会にもなっています。
 今後、出産や育児等により働き方は変わるかもしれませんが、その時々に、自分の最善を尽くし、薬剤師として長く皆さまのお役に立ち続けたいと思っています。 

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

臨床に関する知識を補強していきたいです。ドクターの問い合わせにもより自信を持って応えられ、信頼も深まると考えます。また、今後子育ての時期を迎えるかもしれませんが、その時は自分が納得できる働き方を選択。子どもの手が離れたらフル勤務に戻りたいと思います。

これが成功の分岐点

「期待に応えたい!」その思いが原動力に

仕事と家庭との両立は、処方箋枚数が多く忙しい中津手賀野店では難しいように感じ、正直退職orパート勤務も考えていましたが、チャンスをいただき逆に薬局長にステップアップ。「期待に応えたい!」思いが、頑張りの原動力になりました。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る