株式会社スズケン

業種 商社・卸
2016年取材記事
部署や立場を超えた多くの人とのつながりを大切に、 より良い提案をできる存在へ。
西神物流センター
薬学研究科修了 2009 年入社
私のCAREER
管理薬剤師(卸)

医薬品卸の管理薬剤師として、お得意さま(スズケンでは、病院・診療所・薬局・メーカー・社員等スズケンが関わる全ての人々をお得意さまと呼んでいます)や社内の様々な部署からの医薬品に関わるお問い合わせ対応、法的な許認可の確認、品質管理、教育研修などにあたっています。もっと社員が楽しく、活躍できるよう、私が経験したことをしっかりと後輩に伝えたいと思っています。

11年のCAREER

  • 1年目

    MS
    (医薬品卸営業)

    兵庫営業部伊丹支店にMSとして配属。病院・診療所・薬局などお得意さまへの訪問活動を通じて、観察力やプレゼン力を磨く

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    MS職を経験したことで人脈も広がり、またMSの置かれた状況や悩みもわかり、今の仕事に役立っています。希望すれば様々な職種を経験できることも、スズケンのメリットだと思います。

  • 2年目

    神戸支店
    勤務薬剤師

    管理薬剤師の補佐として、薬事管理、品質管理、情報発信、教育研修などの業務に携わり、医薬品卸の薬剤師として求められる基礎を修得

  • 4年目

    加古川支店
    管理薬剤師

    加古川支店の管理薬剤師として、初めて1人で支店の薬事全般を管理する責任ある立場に。社内の様々な部署から集まる経営基礎研修にも参加

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    経営基礎研修で多様な人たちと意見を交わし、多角的に物事を見て、本質を把握することの大切さを学ぶことができました。

  • 5年目

    京都支店
    管理薬剤師

    今までの配属先で最も規模の大きい京都支店で管理薬剤師として勤務薬剤師を指導する立場に。会社説明会や実務実習時の学生さんの講義なども担当

  • 9年目~

    西神物流センター
    管理薬剤師

    2府4県の物流拠点となる西神物流センターの管理薬剤師に。支店の数倍の規模の在庫品目数・従業員数などを管理する立場として従業員の教育や品質管理の徹底に尽力

健康で豊かな生活に
幅広く貢献できる魅力

 様々な医薬品や情報を、必要とする人にきちんと届けられるよう、常に知恵を絞り、新たな挑戦をし続けていくことで、その先にいる患者さんの健康で豊かな生活に幅広く貢献できること。これが、医薬品卸の管理薬剤師ならではの醍醐味ではないでしょうか。
 医薬品との関わり方も、様々なメーカーの製品を公平な立場から比較し、それぞれの長所、短所をお伝えできるので、内容も濃くやりがいも大きいです。多くの人や製品と関わることで、幅広い知識はもちろん、分析力やコミュニケーション力も鍛えられ、自身の成長と、より良い医療の実践につながっているという実感が得られるのも魅力です。 
 特にスズケングループの場合は、医薬品卸を中心としながら、メーカー機能、メーカー物流、さらには薬局運営や介護事業も行っているため、活躍できるフィールドが広いのも特長です。例えば、MS(卸の営業担当者)や企画などの他職種に挑戦することも可能です。幅広い知識を養い、様々な経験を積んだ上で、自分の適性に合った進路を選
択することができる「可能性の広さ」は、キャリアデザインを考えた際にも大きなメリットとなると思います。

常に「相手」や「次の工程」を
意識した行動を徹底

 実際に私もMSを経験後、管理薬剤師になったという経歴の持ち主です。大学院で研究に没頭する日々を送っていた私は、もう研究は「やりきった」と感じていたこともあり、「どうせなら、これまでとは全く違う“新しいこと”をしてみたい」と、様々なフィールドで活躍できるスズケンへの入社を決めたのです。
 このMSの経験から多くのことを学びました。MSは、病院・診療所・薬局などを訪問し、医薬品の販売促進や様々なサービス等の情報提供を行う活動を仕事とします。この仕事の中では特に、医薬品などを提案するタイミングが重要となるため、相手の立場や状況を読み取る「観察力」は格段にアップしたと感じています。また、例えば私が作成した資料をどのように使用されるのかを考え、渡した相手がスムーズに仕事ができるよう配慮するなど、常に“次の工程”を意識した行動を徹底することができるようになりました。

基本業務を習得しながら
新たな試みにもチャレンジ

 2年目から、管理薬剤師の補佐である勤務薬剤師として、神戸支店で勤めました。管理薬剤師の基本業務は、「薬事管理業務」、「品質管理業務」、「情報発信業務」、「教育研修業務」、の 4 つがあります。「薬事管理業務」は、スズケンが法令通りに医薬品の管理・販売が行われているかのチェックをします。「品質管理業務」では、医薬品の品質チェックだけでなく、誤出荷を未然に防ぐ仕組みづくりなど、リスクの抽出から対応策の検討・実施まで主体的に関わります。「情報発信業務」は、お得意さまやMSなど社内外からのお問い合わせに対応したり、新薬の情報を伝えたりする適切な医療推進のカギとなるものです。「教育研修業務」によるサービス品質の底上げも、管理薬剤師の重要な役割で、新人薬剤師への研修だけでなく、MSをはじめとする社員に医薬品の取り扱い方などを主とした研修プログラムを自ら開発することもあります。
 なかでも、「配送担当者がお得意さまから質問されても答えられないことが多い」という状況を何とか変えたいと、新たに配送担当者を対象とした勉強会を企画した際には、「自分たちが取り扱っている製品への理解が深まり、自信とやりがいを持てるようになった」と好評を得ることができ、大きな達成感がありました。
 4年目には加古川支店の管理薬剤師として勤めました。ここでは、従来の仕事に加え、新しいことにも多くチャレンジしました。製品の包装デザインが変わるタイミングをお得意さまにタイムリーに伝える仕組みを倉庫管理担当者と一緒に考えて提案しました。また、自己研鑚の一環として、選抜制の経営基礎研修に参加したり、簿記の勉強をしたりしました。なかでも経営基礎研修では、部署を越え、意識の高い社員と意見を交わすことができ、ものごとの本質を求めて多角的に考えることの大切さを学ぶ契機となりました。「法律やルールで決まっているからやる」のではなく、「それがルール化された背景には何があるのか」まで考えることができるようになり、研修を通じて自主的に取り組む姿勢が生まれ、やりがいもより大きなものになりました。

ネットワークを生かし
より良い提案を

 5年目からは、京都支店で管理薬剤師をしながら、新人の教育研修も任されるようになりました。初めは、管理薬剤師としての仕事もある中で、なぜ私に新人教育を任せるのかと思いました。しかし今では、育成を通じて仕事への理解がさらに深まり、また巣立っていった人たちの各支店での活躍を聞くことで、意義・やりがいを感じるようになりました。
 今後は、お得意さまのお役に立てるアイデアを具現化し、より良い提案をできる存在になりたいです。また、相手が本当に困っていることは何か、求めていることは何かを考え、一歩踏み込んだ提案ができる後輩を1 人でも多く育成していきたいと思います。

薬学生へのメッセージ

 育成に携わっていて強く思うことは、大切なのは「自分の軸」を持つということです。薬学生の皆さんにも「仕事をする時に、自分は何を一番大切にしたいのか」、軸となるものを見定め、それを叶えられる環境はどこかを考えて、進路を決めていただきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

様々な支店や他部署の人たちとのつながりを大切にし、いろいろな意見やアイデアを参考にしながらお得意さまにより良い提案をできる存在になりたいと思います。
また私が経験したことをもっと広く多くの人に影響を与えられるよう、管理職のポジションも視野に入れ、積極的に取り組んでいきたいと思います。

新人時代の失敗

自分で勝手に判断せず 相手の状況や思いに寄り添うことが大切

MS時代、毎日欠かさず訪問していたお得意さまのところに、注文がないからと1日だけ行かなかったのですが、「なんで来ないんだ」とお叱りを受け、自分勝手な判断をしてはいけないと肝に銘じました。理由があって行けない場合でも、事前に連絡をするなど、相手との意思疎通を第一に考え、行動することが大切だと学びました。

これが成功の分岐点

常に大切にしている言葉は「次工程はお得意さま」

MS時代、忙しいお得意さまに少しでも負担をかけないようにと考える中で、“次の工程”を予測し、スムーズにいくよう配慮して自分の仕事をするくせがつきました。今でも「次工程はお得意さま」という言葉を大切にし、お得意さま
の視点に立った仕事を心掛けています。

私流自分の磨き方

1日を振り返る時間を生活に組み込んで

帰りに電車の中で、1日を振り返ることが私の日課です。例えば、今日の問い合わせの対応が本当にあれでよかったのか、次からはこうしてみてはどうかなど。自分をより良くしていくために、生活の中に、ぼんやりと考える時間を組み込むことはとても大切なことだと思っています。

オフタイム

休日にはキャンプでBBQをしたり、学生時代の同級生と旅行をしたり…。
夏は、夏季休暇を利用して旅行に行くこともあります。
写真を撮ったり、音楽を聴くのも好きで、毎年、野外フェスにも参加しています。

ページトップへ戻る