パナソニック健康保険組合 松下記念病院

業種・職種 病院
2019年取材記事
入院から外来治療までトータルに把握し
よりよい薬物療法を実践できる薬剤師へ。
6年制卒 先輩薬剤師
薬剤部
近畿大学 薬学部卒業 2017年入社

診療全般を把握して
指導に活かしたい

入院から外来治療までの流れを一貫して把握し、指導に活かせるようになりたいという思いがあり、まずは入院中の状況を知るために病院への就職を希望。なかでも松下記念病院は、多様な診療科が揃い、かつ中規模であるがゆえにさまざまな業務に携われることができると感じました。また「機械でできるところは機械化し、患者さんにしっかりと向き合える環境づくり」を積極的に推進し、薬薬連携にも力を入れていることも大きなポイントとなり、入職を決めました。
 1年目は、調剤の基本を徹底して学び、秋頃からは夜勤も担当するようになりました。ピッキング時の取り間違えを防止するバーコードを活用した照合システムなど、調剤室内のIT化も進んでおり、患者さんにとっても、働く薬剤師にとっても、よい環境が整っていると感じました。
 これまでの知識では足りず、最初は何を聞かれているのかすらわからず戸惑うこともありましたが、先輩に丁寧に指導していただき、勉強しながら、1年間かけて知識を蓄えていきました。また2年目以降の病棟業務に備えて、服薬指導の練習などもしっかりと時間をかけて行い、病院薬剤師としての基礎を築くことができました。

患者さんが安心して
薬物療法を受けられるように

2年目からは産婦人科と消化器内科の病棟に常駐。医師や看護師からの質問にできるだけ迅速に対応できるように、配合変化などのよく聞かれる内容は、一覧表にまとめておくなどの工夫をするようにしていました。
 3年目からは血液内科、循環器内科、小児科の病棟を担当するようになり、疾患自体の勉強にも熱が入るようになりました。特に血液内科、循環器内科は薬物療法が中心になるので、患者さんが安心して、治療を受ける環境づくりに薬剤師が果たす役割は大きいと言えます。当院では担当制を取っているため、患者さんとの関わりも深く、病室に行くと「薬のことは薬剤師さんに聞くのがいいと思って、先生を待っていた」と言われることも。薬剤師の存在意義が広く認知されているので責任も、またやりがいも大きいです。
 チーム医療の一員として、今後も多職種と連携して、安全かつ効果的な薬物療法に貢献していきたいと思います。また将来的には、幅広い疾患に対応できるジェネラリストへとスキルアップした上で、専門性も高めていきたいと意欲を燃やしています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

まずは幅広い疾患に対応できるジェネラリストとしてスキルアップしていきたいと考えています。その過程で、感染や栄養など、多くの領域に基礎となる分野での認定薬剤師の資格取得なども視野に入れ、 専門性も高めていきたいと思います。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の違い

    責任の重さや、さまざまな背景の人や職種の人と関わるという点が大きく違っていると感じます。薬剤師としてよりよい薬物療法ができるように責任感を持って臨むとともに、患者さんや一緒に働く仲間など相手のことをよく考え、行動するようにしています。

  • 学生時代にしておけばよかったこと

    将来働くことをイメージして勉強すること、またいろいろな背景や価値観の人と積極的に交流すると、社会人になってからも役立つと思います。アルバイトや習い事などを通じて、世代の異なる人と接する機会をつくるとよいと思います。

  • キャリア選択のアドバイス

    自分が将来なりたい姿をイメージした上で見学会などに参加し、実現できるかどうかを確認するとよいと思います。私は5カ所ほど病院を見学しましたが、1日の流れや雰囲気を自分の目で見たり、質問したりして、絞り込んでいきました。

オフタイム

友人や家族と食事をしたり、旅行したりしてリフレッシュしています。
当院では、最長で10日間の連続休暇を取得できるので、
それを活用し、昨年はハワイに行ってきました。
次はイタリアに行きたいと、現在計画中です。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る