株式会社コクミン(コクミンドラッグ・コクミン薬局)

業種・職種 保険(調剤)薬局ドラッグストア(調剤併設含む)
2019年取材記事
一つひとつの仕事の本質を考えて行動し
困っている患者さまに手を差し伸べられる薬剤師へ。
6年制卒 先輩薬剤師
コクミン薬局
摂南大学 薬学部卒業 2019年入社

幅広く学べる新人研修など
充実した教育研修制度が魅力

 患者さまと密に関わり、日常的に不安や悩みを聞きやすく、多くの人の役に立ちたいという思いから薬局を志望。なかでもコクミンは、説明会などでも気軽に話しかけてくれたり、社員同士が楽しそうに話していたりと、アットホームな雰囲気で、かつ充実した研修制度にも魅力を感じ、入社を決めました。
 新人社員研修では、3週間かけてビジネスマナーから接客・接遇、調剤や服薬指導に関わる専門分野までしっかりと学ぶことができました。なかでも化粧品メーカーの講師による研修では、メイクや基礎化粧品の正しい使い方や応用知識についても楽しみながら学び、同期とのグループワークなどで絆も深まりました。
 店舗配属後も定期的に研修があり、なおかつ現場の上司や先輩も人を育てることに熱心で、会社全体に「人を大切にする」という文化が根付いていると感じています。

一つひとつの仕事に向き合い
着実にステップアップ

 配属されたばかりの頃は、処方箋と薬とをしっかり照合することが習慣付けられておらず、ミスをしてしまい、「自分には向いていないのではないか」と不安に思うこともありました。そんな時、先輩が「慣れればできるようになるから、心配しなくて大丈夫」とやさしく声をかけてくれ、気持ちが落ち着きました。同じミスはしないようにと、一つずつ確実に仕事をするように心掛け、また「なぜこの仕事をする必要があるのか」とものごとの本質に目を向けるようになったことでミスも減り、成長にもつながりました。
 これからも上司や先輩を見習い、もっと患者さまや先輩方のお役に立てるように頑張っていきたい。そして困っている患者さまのもとへ駆けつけ、寄り添える薬剤師へと成長していきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

高齢者が増え、薬局に来たくても来ることができない人も多くなるなかで、患者さまのもとにすぐに駆けつけ、手を差し伸べられる、そんな患者さまに必要とされる薬剤師を目指しています。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    お金を払う側からいただく側へと立場が転換することです。学生の間は、学費を納めて教えてもらう立場でしたが、社会人になると、お給料をいただいて働くことになるので、自分の言動により責任を持たなければと、気の引き締まる思いです。

  • 学生時代にしておけば
    よかったこと

    まずはしっかり勉強すること、そして遊ぶことです。薬剤師になった今でもわからないことも多く、早い段階からさまざまな知識を得ることは大事だと思います。また時間をうまく使って、旅行やサークル活動などもしておくとよいと思います。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    先輩や企業の方から、いろいろな話を聞くことが大切です。たくさんの企業、仕事があるので、合同説明会やインターンシップなどでしっかりと情報収集して、自分の希望や雰囲気に合う企業を見つけてほしいと思います。

オフタイム

同期や学生時代からの友人と食事をしたり、
飲み会に行ったりして、
仕事のことからプライベートのことまで、
いろいろなことを話して楽しく過ごしています。

先輩からメッセージ

毎日、一つひとつの仕事に一生懸命に取り組み、笑顔がとても素敵な彼女は、将来、患者さまにも好かれ、信頼される薬剤師になれると確信しています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る