たんぽぽ薬局株式会社

業種・職種 保険(調剤)薬局
2019年取材記事
日々、薬剤の勉強ができる恵まれた環境で
多くの知識を習得し、患者さまの健康に貢献。
6年制卒 先輩薬剤師
薬剤師
名城大学 薬学部卒業 2019年入社

患者さまの薬や生活上の相談に
丁寧に答える薬剤師の姿に惹かれた

 薬局での実務実習の際に、患者さまが処方箋を持たずに薬局に立ち寄られ、薬や日々の生活に関する相談をされ、それに丁寧に答える薬剤師の姿を目にしました。その姿が印象に残り、患者さまの生活に近いところで、より密接に関わることができる地域の薬局薬剤師を目指したいと思うようになりました。
 たんぽぽ薬局は、総合病院前に多くの店舗を展開しているため、日々、多くの処方箋に触れることができます。まずは様々な診療科の薬剤について幅広く学びたいという希望を叶えることができると思い、入社を決めました。
 入社後3週間のスタートアップ研修では、調剤実習、服薬指導、薬歴の書き方、OTCから社会人としての基礎までしっかり学びました。また、高齢者や障害者の施設を見学し、高齢者や障害者の方々への接し方、必要とされるケアなどを学べたことは、現在の現場でもとても役立っています。入社後のサポート体制が充実していることも大きな魅力で、店舗配属後は、先輩薬剤師がOJTトレーナーとして指導してくださるなど、安心して仕事に取り組めています。

患者さまの悩みや相談事を
聞き出す対話力を磨きたい

 現在は、入社時の希望通り総合病院の門前薬局で、主に調剤と服薬指導に従事し、基本からしっかりと学んでいます。毎日、様々な診療科の処方箋に触れることは、とても勉強になります。まだまだ知らない薬を手に取ることが多く、未知の薬について学ぶ機会に恵まれていることが、仕事の喜びややりがいに繋がっています。
 服薬指導では、患者さまの様々な質問や相談に的確にお答えしなければなりません。まだ即答できないことも多く、そんな時は勉強や知識の不足を痛感します。先輩薬剤師にアドバイスをお願いしたり、添付文書などで確認した上で、患者さまに納得し満足していただけるお答えができるよう心掛けています。
 また、患者さまが気軽に相談できる雰囲気づくりも大切にしています。診察時に医師には話しづらく、相談できなかったことをお話しいただいたり相談されたときは、とてもうれしくやりがいを感じます。薬の説明だけでなく、不安に思われていることや相談事を患者さまからしっかり聞き出せる対話力を磨き、一人ひとりの患者さまの事情やペースに合わせた最適の服薬指導ができるようになりたいと思っています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

患者さまが不安に思われることや相談事に対して、納得し安心していただけるアドバイスができる薬剤師を目指しています。そして、地域の方々の「かかりつけ薬剤師」として、必要とされ頼りにされる存在になりたいと思っています。そのためにも幅広く知識を習得し、認定資格取得にも挑戦し専門性を高めて患者さまの健康に大きく貢献していきたいと考えています。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    自分の行動に大きな責任を伴うことが大きな違いです。命に関わる重要な仕事なので、一つひとつの行動や意見を求められた際の発言の重みを、しっかりと認識しておく必要があります。すべての業務に責任と緊張感を持って対応しなければなりません。

  • 学生時代にしておけば
    よかったこと

    色々な考えを持つ人と出会い、幅広い年代の方々とコミュニケーションする機会を増やすために、接客業をはじめ様々なアルバイトを経験しておけばよかったと思います。一方、自由な時間を満喫できる時期でもあるので、思いっきり遊んでおくことも大切だと思います。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    まず、自分がどのような薬剤師になりたいのかを見定めておくことが大事だと思います。気になる企業のインターンシップや見学会に参加したり、実際に働いているスタッフや先輩に話を聞くことで、自分が目指す薬剤師の道に進める企業を見つけられると思います。

オフタイム

旅行が大好きで、春休みには韓国に行きました。
また、友達と美味しいものを食べに出かけたり、
好きなアーティストのライブに参加したりと、
休日を楽しんでいます。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る