様々なキャリア~目標とする働き方~

メディカルシステムネットワークグループ(なの花薬局)

業種 保険(調剤)薬局
2020年取材記事
働きやすい恵まれた環境。仕事も子育ても頑張っています!
私のCAREER 薬局長 兼 管理薬剤師
キャリアの軌跡と今後

小児薬物療法認定薬剤師として、 患者さまの治療に寄り添う

 2019年3月に念願だった「小児薬物療法認定薬剤師」の資格を取得しました。目指したきっかけは、数年前に勤務していたミューズたかつき店です。門前の総合病院が総合周産期母子医療センターを有していたため、術後やアレルギーなどの小児の処方箋を多く受け付けており、服薬指導をする中で小児薬物療法の様々な問題を意識するようになりました。  小児適応のある薬剤は現状少なく、添付文書に服用法が出てこないものも多くあります。また幼い子どもが治療の必要性を理解して服薬することが難しく、お母様方も飲ませ方やタイミングがつかめず不安をお持ちでした。例えば、食後薬を状況によっては授乳前に与えて良いか。一般的に良いと言われることは本当にそうかなど、確証を持って服薬指導するには専門知識をもっと得なければと考えました。同じ子どもを持つ母としてお役に立ちたい思いも強かったですね。  資格取得はゴールではなく、知識を活かしより良い小児薬物療法を提供することを目的としています。服薬への疑問点がないかなど積極的にお声がけをして不安を解消し、患児本人が納得して治療に臨み、その結果快方に向かっているといった様子を聞けた時は嬉しいですね。今後も知識を深め、他の薬剤師にも還元していきたいと思い、日本薬剤師研修センター認定集合研修会を定期的に開催しています。

全体表示
2018年取材記事
病院研修で得た知識・気付きを、地域医療に活かしていきたい。
私のCAREER 薬局長
キャリアの軌跡と今後

医師の治療方針を理解する 大切さを知る

 当社入社後は、大阪梅田のグランドビル店で約10年間勤務。顔なじみの患者さまも増える中で、一人ひとりのQOL向上にもっと貢献したいと思うようになりました。クリニックモール内の店舗であったため、医師との距離も近く、内科医の依頼で「患者さま向け糖尿病教室」の講師も経験。医師がどんな治療方針をお持ちか、栄養指導や検査値に関する考え方等を知るとともに、患者さまは何を不安に思っているかなど様々な情報を得られ、非常に有益でした。より適切かつ親身な服薬指導を行えるようになり、医師の治療方針を理解した上で患者さまへの服薬指導を行うことが大切と気付くきっかけにもなりました。  しかし、通常の薬局業務で、処方箋から治療方針や処方意図を読み解くには限界があります。では、医師と密なコミュニケーションが可能な病院薬剤師はどうか?病院研修の話を会社からいただいたのは、そんな関心を寄せていた時です。自分の視野を広げ、スキルアップするまたとないチャンスだと思いチャレンジすることを決意しました。

全体表示

ページトップへ戻る