様々なキャリア~目標とする働き方~

株式会社キリン堂(キリン堂グループ)

業種・職種 保険(調剤)薬局ドラッグストア(調剤併設含む)
2019年取材記事
「未病」の段階から在宅まで、多職種とともにトータルにサポートしたい。
私のCAREER 薬局長 兼 管理薬剤師
キャリアの軌跡と今後

早期に患者さんに関わり 「未病」に寄与したい

 最初は漠然と病院を第一の選択肢として考えていたのですが、実習で生死に直結する病院現場を体験し、意識に変化が生まれました。「もっと早い段階で患者さんに関わり、良い方向に導くことができていれば」という思いが強くなったのです。例えば糖尿病が進行し、車いすを使用している患者さんに対し、「そうなる前に何か打てる手がなかったのか」と考えた時に、より身近に、かつ多角的にアプローチできる存在として、頭に浮かんだのが薬局。それも地域に根付き、地域の皆さんの健康を多角的にサポートできる薬局でした。なかでもキリン堂は近畿圏内に圧倒的に多く、さまざまな店舗スタイルを展開しており、調剤を中心としながら、在宅訪問やセルフメディケーションにも力を入れていることに魅力を感じ、入社を決めました。  入社後は、調剤業務の基本を徹底して学んだほか、OTCなどセルフメディケーションに関わる幅広い知識も習得、さらに「心理カウンセラー研修」ではプロの心理カウンセラーから直接指導を受け、日常会話から必要な情報を引き出し、的確な健康アドバイスにつなげる方法も学びました。また、全新入社員参加の集合研修ではいろいろな価値観を持つ仲間を得られたことも大きな収穫でした。

全体表示
2016年取材記事
地域在宅医療で「訪問薬剤師」という職能を確立したいです。
私のCAREER 薬局長(管理薬剤師)
キャリアの軌跡と今後

「来てくれないと困る!」 信頼され頼られる薬剤師に

 醍醐店はキリン堂の中で最も多い在宅件数を持つ店舗で、私も入社半年目から在宅医療に関わっています。介護老人ホーム等の施設や通院できない患者さまのご自宅を訪問し、薬が正しく使用できているか、薬による問題が生じていないかを確認し指導。施設在宅においては、定期的に医師の診察に同行し、入居されている方々の健康チェックや薬による有害事象の確認を行い、医師の処方設計に役立てるよう薬学的な情報提供を行うというのが主な業務です。  多い時は週に4回ほど同行していますね。患者さまの症状に応じ薬や剤形を変更するなど、薬学的管理も施設の看護師と連携して行っています。「患者さまが医師の指示よりも短い間隔で薬を服用してしまったが、どう対処すればいいか?」等々。看護師や医師から、薬に関して多くの相談をいただけるので、責任を感じるとともに、必要としてもらえていることにやりがいを感じています。  もちろん、新人のころは、自分の力不足を感じたり、医師や看護師からの質問にすぐ答えることができず悔しく情けない思いをしたこともありました。そこで私が思い立ったのは、入居者お一人おひとりの日々の状態を施設の看護師にヒアリングすること。患者さまのことをまず、もっと把握するべきだと思ったからです。使用されていた薬の注意点をまとめて報告したら、「とても勉強になった」「入居者の人たちのことを気にかけてくれてありがとう」と嬉しい言葉をいただきました。  それからは、薬に関することやそれ以外のことでも、困ったことがあれば相談してくださるようになりました。「的場さんが来てくれないと困る」と言われたときは、様々な苦労や努力が報われた思いがしましたね。一つひとつ、このような信頼を積み上げていくことだと考えています。

全体表示

ページトップへ戻る