法人情報詳細

イーピーエス株式会社

業種 CRO・SMO

キャリア形成及び教育の考え方

自分が選んだ道でプロフェッショナルになれる環境

キャリア形成においては、個人の考えを尊重しており、専門職としてのキャリアを積むか、マネージメントとして業務に携わるかを自身で選べる環境を用意しております。教育については、役割認識や小規模マネジメント(プロジェクト単位)から大規模マネジメント(組織)へ視座を高く持ち、視野を広げ周囲を巻き込みながら貢献する人財へと育成できるような教育体制を整えております。マネジメント以外にも、コミュニケーションスキルやビジネススキルをe-learning等で学び自身でスキルアップできる環境があり、コンピテンシー向上のため、上司は部下に必要なスキルの研修受講の促進も行います。

会社(法人)の魅力

新しいCROの形を模索し続けるパイオニア

イーピーエスは、データサイエンス業務を柱に創業した会社ですが、移り変わる社会のニーズに応えるべく事業の拡大を続け、今では治験実施計画書の企画から製造販売後調査に至るまで、ほぼ全ての医薬品開発業務をイーピーエスだけで完結できる程に成長しました。しかしながら、今なお製薬業界を取り巻く現状は刻々と変化しており、常に変化を求められる状況が続いています。このような状況下でも、我々は社名が示す通り、日々挑戦を続けており、昨今では、新たなビジネスモデルとしてリアルワールドエビデンス業務への対応や、新型コロナウィルス向けDNAワクチン共同開発への参画など既存のCROの形に囚われず、新たな業務に取り組んでいます。

概要

事業内容 CRO(Contract Research Organization:開発業務受託機関)
日本におけるCROのパイオニアとして、当社が創業したのは今から約30年前のこと。以来、業界を牽引しながら着実な成長を続けています。私たちの強みは、プロトコル(治験実施計画書)の企画から、モニタリング、データマネジメント、統計解析、薬事申請、製造販売後調査に至るまで、フルアウトソーシングが提供できること。臨床開発におけるあらゆるアウトソーシングニーズに応え、CRO業界随一の実績を誇っています。
本社所在地 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-23 つるやビル
創業 1991年5月
資本金 1億円
売上高 666億8,900万円(連結)
305億400万円(CROセグメント)
※2020年9月期
事業所 ・東京本社
・大阪事務所
・名古屋事務所
従業員数 6,718名(EPSグループ)
2,456名(イーピーエス) 
薬剤師数
(薬学出身者数)
薬剤師:421名
薬学出身者の活躍職種 ・臨床開発モニター
・品質管理
・データマネジメント
・統計解析
・リアルワールドデータサイエンティスト
・安全性情報
沿革 1991年05月 株式会社エプス東京を設立
   11月 復旦盛栄株式会社に商号変更
1992年03月 株式会社イー・ピー・エス東京に商号変更
1993年04月 臨床試験関連の症例登録・割付業務を開始
   10月 厚生省薬剤疫学研究関連の大規模臨床試験サポートシステムを開発
1995年08月 データマネジメント業務を本格始動
1996年09月 イー・ピー・エス株式会社に商号変更
1998年04月 モニタリング業務を本格始動
2001年04月 イーピーエス株式会社に商号変更
   07月 CROとして初めてJASDAQへ株式を上場
2002年04月 医療機器に関する臨床開発・薬事業務を開始
   10月 安全性情報業務を開始
2004年07月 東京証券取引所第二部へ株式を上場
2006年09月 東京証券取引所第一部へ株式を上場
2010年09月 株式会社アツクコーポレーションのCRO事業を買収し、モニタリング業務を強化
2014年07月 CRO事業継承のため分割準備会社を設立
2015年01月 吸収分割によりCRO事業を継承
2019年04月 株式会社イーピーメイトを合併
2020年03月 ACメディカル株式会社を合併
   04月 吸収分割により株式会社EPメディエイトに医療機器開発支援事業を承継
2021年01月 吸収分割により株式会社EPメディエイトに医薬品等分析事業を承継
   04月 吸収分割により株式会社イーピービズに人材派遣および人材紹介事業を承継
   07月 株式会社CACクロア(現 EPクロア)を子会社化
お問い合わせ先 〒162-0821
東京都新宿区津久戸町1番8号 神楽坂AKビル7階
イーピーエス(株) 新卒採用担当

先輩インタビュー

出身大学 近畿大学大学院
卒業年 2019年

◆現在の職種を選んだ理由・魅力

現在十分な治療効果が得られていない方や、治療手段がない疾患を患っている患者さんに希望をお届けできる仕事だと思いこの仕事を選びました。実際に今、世界中の人々が直面している新型コロナウィルス感染症の脅威に対抗するワクチンや治療薬も、CROが携わることで世に送り出されているので、非常に意義のある仕事だと思っています。
CROの魅力は、【様々な疾患の創薬に携われること】、【特定の業種(モニタリング、統計解析など)のスペシャリストになれること】です。また、社内外でのコミュニケーションが活発なことや、業種によっては遠方に出張に行くことができることも魅力の一つだと思います。

◆当社の志望動機

私はその企業の色は社員の人間性に出ると考えています。私が就活で出会った当社の社員からは、暖かくて生き生きとした印象を受けました。もちろん就活中に業界や企業の研究をして、当社が業界の先頭を走り続けていることや、充実した研修を経て幅広く深く挑戦できる仕組みがあることにも魅力を感じましたが、最終的な決め手は「社風」と「社員の人間性」でした。自身が社会人として、また治験のプロとして成長していくためには信頼・尊敬できる社員が多くいる環境は必要不可欠だと考えたからです。そして、この面において入社前後でのギャップはほぼありませんでした。

◆入社してからの仕事の変化・現在の仕事内容

入社当初は小児領域の試験に配属され、主にチームのサポート業務をしていましたが、1年目の冬からはオンコロジー領域の試験に配属され担当施設を持つようになりました。現在はオンコロジー領域の複数試験を掛け持ちしており、計8施設のモニタリングを担当しています。業務内容は、施設に訪問してカルテや治験資料を見ながら適切に治験が実施されているか確認したり、社内で契約書や治験関連資料等を作成したりしています。モニタリングと聞くと出張が多いイメージがあるかもしれませんが、実際は内勤業務も多く、最近では新型コロナウィルス感染症の影響もあり、在宅ワークが主流になっています。

◆今後の目標

入社してから自身の力不足を感じる日々が続いていましたが、どんな時も「人と関わりあいながら人を助けたい」という気持ちだけは変わりませんでした。入社して3年弱が経過した今、1人で完遂できる業務も多くなり、チームや後輩の業務も考慮する立場になりつつあります。そこで、より質を求められるようになった昨今の治験業界で「自分は人のためになる仕事をしている」と胸を張れるように、これからは「チームや後輩の負担軽減」や「より円滑な治験の進行」につながる取り組みを積極的に実行し、「信頼」のおけるモニターを目指したいです。

ページトップへ戻る