株式会社ココカラファイン ヘルスケア

業種・職種 保険(調剤)薬局ドラッグストア(調剤併設含む)
2019年取材記事
薬薬連携のロールモデルを病院と一緒になって作り上げたい。
6年制卒 先輩薬剤師
神戸薬科大学 薬学部卒業 2015年入社

患者様との距離が近い調剤・OTC併設店で
幅広い業務を経験し成長

 就職先を考える中で、調剤だけでなくOTCの知識も学べるドラッグストアに魅力を感じていました。また、患者様との距離も近くコミュニケーションを深める中で、人間的にも成長できると思ったからです。
 ココカラファインは、調剤業務を主軸に働くことができ、結婚、出産後も仕事が続けられる制度が充実していることや、和気あいあいとした店舗の雰囲気に惹かれて入社を決めました。
 入社後、約2週間の新人研修で社会人としての基礎を学んでから、地域密着型の店舗に配属。当初は、薬の成分名と製品名が一致しなくて苦労することもありましたが、経験を積むのが一番と多様な処方箋にも積極的に挑戦し、着実に知識を増やしていきました。いつも気にかけてくださる先輩が近くで見守ってくださったことで、失敗を恐れずチャレンジできたと思います。また、薬局内には管理栄養士など様々な資格・技能を持つ人が多くおられ、新鮮な刺激を受けると同時に、視野を広げることができました。

新店の大阪国際がんセンター店に異動
敷地内薬局で専門知識を学ぶ日々

 5年目の今年、会社が一番力を入れている病院敷地内薬局である大阪阪国際がんセンター店のオープンスタッフに抜擢され、日々、新しい経験をして専門的な知識を学んでいます。最近は処方箋から医師の処方意図が読め、自分の考えもきっちりと伝えられるようになってきました。抗がん剤使用で感染症にかかったり、皮膚疾患も患いやすくなるため、日常生活でのケアをお伝えすることも。患者様に喜んでいただけるとこの仕事を選んでよかったと大きなやりがいを感じます。
 さらにがんの知識を深めていくのが今後の課題。がんセンター内で開催されるセミナーや薬局内での勉強会に積極的に参加し、広く深く知識を積み患者様のために活かすことを目指しています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

病院、薬局間での薬薬連携はまだまだ発展途上です。薬局内で必要とされる患者様の情報などを、さらに共有できるようになれば、薬や病気だけでなく患者様の生活についても、深く関わっていけると思います。患者様に望まれる薬薬連携のロールモデルとなり得る関係を、がんセンターと作り上げたいと考えています。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    社会人は、自分の判断や行動が周囲に大きな影響を与えるため責任が伴います。また、学生時代は自分のために勉強していましたが、今の勉強は、患者様のお役に立つため、より知識を深めることを目的とする勉強です。

  • 学生時代にしておけば
    よかったこと

    もっと海外旅行をしておけばよかったです。私は十数年間水泳を続けていたので、練習に明け暮れ長期の休みを取ることができませんでした。もし学生時代に海外で様々な世界を見ていたら視野が広がり、思考にも広がりが持てたかもしれません。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    様々な会社のインターンシップや説明会・見学会に参加することです。そうすることで自分が何をしたいのか、将来どういうふうになりたいのか、理想の自分像や職場が見えてきます。私はそこからなりたい自分を見つけ「OTCと調剤どちらもある大きな会社」に絞りました。

オフタイム

大好きなアーティストのLIVEのため
日本全国に出かけています。
そこで出会った友達も増えました。

先輩からのメッセージ

最高のチームワークで共に成長しましょう!

患者様に優しく寄り添い、日常生活まで支援できる頼もしい存在。多職種連携の中で、様々な角度から患者様にアプローチできるよう共に成長しましょう。 

ページトップへ戻る