法人情報詳細

2021年卒の方はログインしていただくと採用情報・説明会情報を閲覧することができます。
(未掲載の場合もありますのでご了承ください)

独立行政法人国立病院機構 近畿グループ

業種・職種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

薬剤師のスキルアップを目指して

国立病院機構近畿グループには、急性期病院から慢性期病院、また専門病院等、様々な診療機能を有する病院があり、臨床薬剤師として幅広いスキルを身につけることが可能です。まずは、ジェネラリストを育成し、習熟度などを考慮しながら、スペシャリストへの教育、またより優れた管理者になるための教育を行っています。昇進の道は全職員に平等に開かれており、皆が日々の業務の中で切磋琢磨しています。加えて福利厚生制度も充実しており、夏季には休暇の取得を促進するほか、多くの職員(主に女性職員)が出産・育児休業をし、その後に職務に復帰して活躍しています。

我が社の魅力

地域や医療の特色を活かし医療サービスの向上へ

国立病院機構では、医療サービスの向上を図り、地域や医療の特色を活かした病院運営を目指しています。国民一人ひとりの健康とわが国の医療の向上に貢献するとともに、患者様に親しみやすい環境を整えることが重要であると考えています。地域で病院、診療所、介護施設とも連携し、的確な役割を担い、地域に根ざした医療の展開にも努めています。

概要

事業内容 国立病院機構の展開する主な事業は、(政策)医療の提供、臨床研究、医療従事者の教育研修、そして災害医療支援です。国立病院機構では全国143病院のネットワークによって、各病院の特色を活かし、広範囲に及ぶ業務から得た知識と情報を共有。病院薬剤師として最大限のスキルアップを可能にします。そして国立病院機構にしかできない政策医療が今日も国民の健康を力強く支えています。
本社所在地 大阪市中央区法円坂2丁目1-14
大阪医療センター 臨床研究センター棟6階
設立 2004年4月1日
資本金 2,029億円(2019年3月)
従業員数 近畿グループ約8,000名
事業所数(または店舗数) 20病院
事業所 福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県

ページトップへ戻る