法人情報詳細

独立行政法人国立病院機構 近畿グループ

業種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

薬剤師のスキルアップを目指して

国立病院機構近畿グループには、急性期病院から慢性期病院、また専門病院等、様々な診療機能を有する病院があり、臨床薬剤師として幅広いスキルを身につけることが可能です。まずは、ジェネラリストを育成し、習熟度などを考慮しながら、スペシャリストへの教育、またより優れた管理者になるための教育を行っています。昇進の道は全職員に平等に開かれており、皆が日々の業務の中で切磋琢磨しています。加えて福利厚生制度も充実しており、夏季には休暇の取得を促進するほか、多くの職員(主に女性職員)が出産・育児休業をし、その後に職務に復帰して活躍しています。

会社(法人)の魅力

地域や医療の特色を活かし医療サービスの向上へ

国立病院機構では、医療サービスの向上を図り、地域や医療の特色を活かした病院運営を目指しています。国民一人ひとりの健康とわが国の医療の向上に貢献するとともに、患者様に親しみやすい環境を整えることが重要であると考えています。地域で病院、診療所、介護施設とも連携し、的確な役割を担い、地域に根ざした医療の展開にも努めています。

概要

事業内容 ■ 医療の提供
 救急医療、災害医療
 小児医療等の地域医療
 政策医療

■ 医療に関する調査及び研究
  診療情報の収集、分析、情報発信
  大規模臨床研究の推進
  迅速で質の高い治験の推進

■ 医療従事者の育成
 質の高い医師、看護師、メディカルスタッフ等の育成
 キャリア形成支援
 地域医療に貢献する研修事業の実施

■ 災害時等における活動
 災害急性期の医療活動
 継続的な医療支援
稼働病床数 計6,814床
本社所在地 大阪市中央区法円坂2丁目1-14
大阪医療センター 臨床研究センター棟6階
設立 2004年4月1日
資本金 2,029億円(2020年3月決算)
事業所 福井県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県
従業員数 近畿グループ 約8200名
薬剤師数
(薬学出身者数)
320名
専門・認定薬剤師 日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師92人、日本医療薬学会 がん専門薬剤師8人、日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師15人、NST専門療法士29人、HIV感染症薬物療法認定薬剤師6人、日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師18人、日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師8人等
お問い合わせ先 〒540-0006
大阪市中央区法円坂2-1-14 大阪医療センター 臨床研究センター棟6階

独立行政法人国立病院機構 近畿グループ
人事担当 人事係
06-4790-8388(代表)

先輩インタビュー

出身大学 大阪大谷大学
卒業年 2012年

◆病院薬剤師を選んだ理由・病院薬剤師の魅力

大きな理由として二つあります。まず一つ目は臨床の現場で働くことで患者さんに対して何か力になれたらという希望が強かったこと、二つ目は薬物治療について自己研鑽をする上で病院薬剤師が最適な環境と考えました。
病院薬剤師の魅力は色々ありますが、私が思う一番の魅力は他職種と深くかかわることができるという点です。医師や看護師、薬剤師以外のコメディカルと連携し最適な治療へつなげていくチーム医療は実際にやってみるとやりがいがあります。

◆当院の志望動機

志望動機としてはがん化学療法や緩和医療に携わりたいという気持ちがあったことが第一に挙げられます。本施設は急性期病院ですので緩和医療の症例はそこまで多くありませんが化学療法の症例は多く、現在は消化器科の病棟で日々勉強しながら業務にあたっており充実しています。国立病院機構で採用された場合、一施設で終身雇用という形式はほとんどなく、ブロック内の施設間を異動することが前提となります。異動はデメリットかもしれませんが急性期、回復期、慢性期と色々な施設があるので幅広い知識・経験という点では良いかもしれません。

◆入職してからの仕事の変化・現在の仕事内容

私が入職した当時は、薬剤師が病棟で業務するようになった初期の時期でした。病棟では看護師から薬剤師が病棟に居て何ができるのかと業務に否定的なコメントを多くいただき肩身が狭い状況でしたが、持参薬の鑑別や処方提案、薬剤管理指導を行うことで次第に信頼を得ることができたと思います。最近は薬剤師が病棟にいることが当たり前となり、他職種から認められてきていることが嬉しい変化です。

◆今後の目標

病院薬剤師の業務は処方を代行で入力したり、薬剤師外来を行うなど能動的・主体的な業務内容が増えてきました。それに伴って責任も重くなってきていると感じています。私個人の今後の目標としては化学療法や緩和医療の知識を身に着けた上で専門認定を目指したいと考えています。現在、薬剤師外来の業務は主に化学療法の副作用管理を担っていますが、治療薬の選択に対しても医師と協働し取り組めるような業務へ進歩させていきたいと思います。

ページトップへ戻る