法人情報詳細

愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院

業種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

ジェネラリストとスペシャリストの融合

新人教育として最初の1年は調剤、注射薬セット、無菌調製といったセントラル業務を学び、ジェネラリストの基礎作りをします。その後、病棟やDI業務などを先輩と一緒に受け持つことで専門的知識や技術を学んでいきます。2年目以降はセントラル業務と病棟業務を兼務することにより幅広い知識を習得しています。さらに啓発グループにて、業務改善や調査研修の考え方について指導を受け、プレゼンテーション能力の育成も行っています。専門資格を目指す場合は、有資格者が資格取得をサポートしています。

会社(法人)の魅力

モチベーション重視!の業務配置

どの仕事をしたいのか、どれくらいしようと思っているのか、といった仕事に対するビジョンを持っているスタッフには、仕事を任せてみたいもしくは支援したいと考えています。このような意見を声にできる体制を作り、お互いに刺激しあえる職場にしていこうと考えています。
また、与えられた仕事よりもやりたいと願った仕事を担当した方が、モチベーションや自覚が芽生えることから、可能な範囲で希望を取り入れた配置をしています。

専門資格の支援

診療機能に生かせる資格取得を支援します

様々な領域で専門知識を持った薬剤師が活動することで、医療の質向上に寄与できると考え、資格取得を推進しています。特に地域がん診療連携拠点病院、総合周産期母子医療センターであることからがん薬物療法、緩和薬物療法、妊婦授乳婦、小児薬物療法などの専門資格は診療に直結しており、病院に必須の資格となりつつあります。上記以外にも感染制御、NST、CRCといった資格が診療に役立っています。

概要

事業内容 高度・急性期医療の提供
予防医療の提供
介護・福祉の提供
診療科目 全36科
内科血液・腫瘍内科, 内分泌・糖尿病内科, 消化器内科, 脳神経内科, 循環器内科, 腎臓内科, 呼吸器内科, 感染症内科, 膠原病内科, 緩和ケア内科, 精神科, 小児科, 脳神経小児科, 新生児科, 臨床検査科, 外科, 乳腺外科, 整形外科, 形成外科, 脳神経外科, 呼吸器外科, 心臓血管外科, 小児外科, 皮膚科, 泌尿器科, 産婦人科, 眼科, 耳鼻いんこう科, リハビリテーション科, リウマチ科, 放射線科, 麻酔科, 病理診断科, 救急科, 歯科口腔外科
病床数 749床
本社所在地 愛知県長久手市平池901番地
設立 1935年
代表者 病院長  度会 正人
事業所 愛知県安城市安城町東広畔28番地
従業員数 令和3年5月現在 *常勤職員数 1,862名 ( 医師:233名 看護師:978名 その他:651名 )
薬剤師数
(薬学出身者数)
75名(常勤65名、パート10名 2022年1月現在)
専門・認定薬剤師 日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師 2名
日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師 3名
日本医療薬学会 がん専門薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 日病薬病院薬学認定薬剤師 3名
日本病院薬剤師会 感染制御専門薬剤師 2名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 がん薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 認定指導薬剤師 4名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 17名
日本薬剤師研修センター 小児薬物療法認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 9名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 3名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構 日本糖尿病療養指導士 3名
日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士 2名
日本臨床腫瘍薬学会 外来がん治療認定薬剤師 1名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー 1名
日本麻酔科学会 周術期管理チーム認定薬剤師 1名
日本医療情報学会 医療情報技師 1名
日本臨床薬理学会 認定薬剤師/指導薬剤師 1名
日本臨床薬理学会 認定CRC 3名
日本アンチ・ドーピング機構(JADA) 公認スポーツファーマシスト 2名
厚生労働省 日本DMAT業務調整員 3名
沿革 私たちの病院は1935年(昭和10年)3月、世界大恐慌の波及で日本全体が疲弊していた時代を背景に、相互扶助の精神を掲げて全国各地で設立されていった協同組合立病院のひとつとして誕生しました。その当時の、いわば地域復興運動であった「農山漁村経済更生運動」から「甦り」をあらわす二文字を病院名に冠し、地域の人々が自らの健康を自ら守る強い意志をこめて「更生病院」と命名されました。爾来、広く地域の皆さまからの信頼と御支援を頂きながら成長し、2002年(平成14年)春には現在地に全面新築移転して安城更生病院と改称して新たな歩みをすすめ、2020年(令和2年)3月には創立85周年を迎えます。
交通機関・アクセス JR安城駅、名鉄新安城駅などの主要駅から、病院敷地内に"あんくるバス"・"名鉄バス"が乗り入れています。
JR安城駅から名鉄バス・あんくるバスで約10分
名鉄新安城駅から名鉄バス・あんくるバスで約20分

先輩インタビュー

出身大学 名古屋市立大学
卒業年 2013年

◆病院薬剤師を選んだ理由・病院薬剤師の魅力

実務実習では病院薬剤師も薬局薬剤師もとても魅力的な熱意ある先生にご指導いただき6年生の時に病院にするか薬局にするかとても悩みました。就職活動をしていく中で自分が薬剤師としてどうありたいかと考えた時に「色々な人から薬のことで頼りにされたい」という思いが一番強いことを認識しました。病院薬剤師は患者さんはもちろんのこと医師、看護師、理学療法士、栄養士、事務など非常に多くの職種と関わることができ、薬剤師としての働き甲斐がありそうと思いました。また採用薬が多いことや注射薬・TPN・抗癌剤調製に携わることができるのも病院の魅力だと思い病院薬剤師を希望しました。

◆当院の志望動機

当院は高度急性期医療だけでなく市民病院的なポジションも担うことから様々な医薬品を扱っています。そのため、当院に入職することで様々な薬に触れることができると考えました。また当院で実務実習をした際に先生方がとても熱心に指導して下さり、自分も入職して薬剤師として後輩育成に携わりたいと思ったこと、また教育体制が確立しておりフォロー体制が充実していることも魅力の1つでした。また実習中に指導薬剤師の姿を見て、医師・看護師など多くの職種からの相談を受けたり、患者から感謝されている姿を見て、自分もこのような薬剤師になりたいと思い当院を希望しました。

◆入職してからの仕事の変化・現在の仕事内容

1年目は薬剤師の基礎である調剤業務(TPNや抗癌剤調製を含む)を行ったり、吸入指導、抗癌剤・オピオイド服用患者への初回指導・副作用モニタリングを行いました。2年目からDI業務に携わり、新薬の情報収集や既存薬との違いをまとめたり、他職種からの問い合わせに対応しています。5年目と6年目には病棟業務も経験しました。糖尿病患者への服薬指導や合併症・低血糖の指導、心不全多職種カンファレンスに参加し、薬剤師として治療薬の効果・副作用や退院してから服薬継続できそうかなどを情報共有していました。7年目からDIに戻り抗癌剤・オピオイドやパーキンソン病患者への指導も兼務しています。

◆今後の目標

元々の目標である「色々な人から薬のことで頼りにされたい」という夢を達成するために特定の領域だけではなくジェネラリストでありたいと思っています。スーパージェネラリストの資格として日本医療薬学会薬物療法専門薬剤師があります。今年度申請ができるので資格を習得するのはもちろんのこと専門薬剤師として研鑽しその上の指導薬剤師を取得し、患者への服薬指導や学会発表、論文投稿などの経験を後輩に還元することで当院薬剤部をさらにレベルアップできるといいなと思っています。

ページトップへ戻る