法人情報詳細

ファーマライズ株式会社

業種・職種 保険(調剤)薬局

キャリア形成及び教育の考え方

調剤薬局内だけの業務ではなく、在宅・施設、病院研修など様々な経験を積むことが出来ます。また、ドラッグストアも展開しているのでドラッグでのキャリアも積むことが出来ます!

ドラッグストアの”薬のヒグチ”が当社の仲間になり(2015年にM&A)調剤薬局だけでなくドラッグストアでのキャリアも積めるようになりました! 他の会社にはない独自の働き方がファーマライズでは経験できます!
(ドラッグストア店舗:32店舗、ファミリーマート併設ドラッグストア:17店舗)
また、キャリアプランには、店長やエリア長、本社の店舗運営課などのマネジメントコースと、病院研修や在宅専門薬剤師などのスペシャリストコースもご用意しており、自身のなりたい薬剤師像になれるようバックアップします!

会社(法人)の魅力

全国約340店舗展開の調剤薬局ファーマライズです!
階層別の研修も充実しており、学校卒業して薬剤師になった後もより専門的な知識を習得できます。

設立当初から業界内に先駆けて在宅医療に積極的に取り組み、今では26年以上のノウハウを持ち、全国約8割の店舗で在宅医療を実施しております。施設はもちろん個人宅にも多く訪問しており、より身近なところで患者さんと深く関わり地域医療に貢献しております。最近ではオンライン服薬指導にも力を入れて取り組んでおり、国家戦略特区(千葉市)において都市部での在宅遠隔服薬指導を開始し、在宅医療を実施する患者さんに対して日本で初めて実施いたしました!また、薬局により専門性をもたせるために各病院と連携し外来がん治療認定薬剤師取得のための病院研修も積極的に行っています!全国に約340店舗を展開しており健康サポート薬局では健康イベントを開催するなどの地域貢献も積極的に行っています!

概要

事業内容 調剤薬局の経営
本社所在地 〒164-0011 東京都中野区中央1-38-1住友中野坂上ビル
設立 1984年6月
資本金 12億2900万円(2020年5月31日時点)
売上高 517億2,800万円(2020年5月31日時点)
事業所 【東日本支社:156店舗】⇒北海道支店:49店舗、東北・北関東支店:36店舗、関東支店:71店舗
【西日本支社:91店舗】⇒東海支店:44店舗、関西支店:47店舗
【沖縄支社:5店舗】
その他ドラッグストア事業店舗を展開
従業員数 1,951名(2020年5月31日時点)
薬剤師数
(薬学出身者数)
約850名
薬学出身者の活躍職種 調剤薬局薬剤師、ドラッグストア薬剤師、本社勤務(店舗運営管理課、DI室、過誤防止委員会、事業統括部など…)
沿革 ■1984年:東京都豊島区に当社の前身となる(株)東京物産を設立 
■1987年:東京都文京区に1号店を開局(現 ファーマライズ薬局湯島店) 
■2002年:(株)東京物産からファーマライズ㈱に商号変更 
■2007年:ジャスダック証券取引所(現 東京証券取引所)に株式上場 
■2014年:東京証券取引所市場第二部に上場 
■2015年:東京証券取引所市場第一部に上場_ヒグチ産業(株)及び(株)ファミリーマートとの合弁会社・薬ヒグチ&ファーマライズ(株)運営開始。ドラッグストア事業に本格的に参入 
■2019年:3月に4社、6月に3社、9月に2社の子会社をファーマライズ(株)の存続会社として吸収合併
お問い合わせ先 管理部人事課
TEL:0120-127-510
MAIL:hr-sun@pharmarise.co.jp

先輩インタビュー

出身大学 大阪大谷大学
卒業年 2018年

◆現在の職種を選んだ理由・魅力

薬局薬剤師という職種は、患者さんとの距離が近いので、大学で学んだ専門知識を直接患者さんの薬物治療に活かすことができます。患者さんと会話をする中で、その人の価値観や生活を知り、その人に合わせた服薬指導を行うことは簡単ではありませんが、患者さんの疑問や問題が解決して「ありがとう」と言っていただけた時は、とても達成感とやりがいを感じます。患者さんからの相談は、薬に関することの他に、食事や患ってる疾病の症状など内容は様々です。そのため、患者さんからの会話から専門外の分野の知識に目を向け、自己研鑽に繋げる機会が多いのも魅力に感じます。

◆当社の志望動機

座りカウンターがあり、患者さんとしっかり話ができる環境が整っていることが一番の志望動機でした。私はもともと、服薬指導や患者さんからの相談にしっかり時間をかけることができる薬局で働きたいと思っていたため、座りカウンターはとても魅力的に感じました。そして、メディカルアロマという新しいアプローチで患者さんの生活をサポートできるというところにも惹かれました。睡眠障害や認知症の昼夜逆転などの症状に薬物治療とはまた違った方法を提案できることに、新しい可能性を感じました。

◆入社してからの仕事の変化・現在の仕事内容

入社後、一年目は泌尿器疾患・糖尿病に対する処方がメインの外来対応と透析患者さんの定期薬を準備している店舗に配属されました。日によってはとても忙しくなる店舗ですが、困ったときは、すぐ先輩方に相談できる環境だったため、失敗してもその経験を次に繋げて成長することができました。二年目は他店舗へ異動となり、整形外科や皮膚科など、一年目ではあまり経験できなかった処方や患者対応を学びました。三年目は一年目を過ごした店舗に戻り、後輩育成に携わりながら業務を行っています。

◆今後の目標

日々の薬局業務を行う中で、様々な困難の壁にぶつかりましたが、周りの人に助けられながら乗り越えてきました。薬局薬剤師は、患者さんとの距離が近いため、一人ひとりに合わせたサポートをしやすいですが、そこが一番難しい部分でもあると感じました。今後の目標としては、問題解決能力をもっと伸ばして、あらゆる患者さんの対応ができるようになることです。そのためにコミュニケーション能力の向上と、疾患の病態・治療や薬に関する専門知識の修得に今後も継続して努めていきたいと考えています。

ページトップへ戻る