2015年取材記事
患者さまの生活改善にも貢献できる
かかりつけ薬剤師を目指して。
6年制卒 先輩薬剤師
大垣南店 店長
名城大学 薬学部卒業 2012年度入社

研修制度が充実し、
多様な診療科目を経験できる
ことに魅力を感じて

 アイセイ薬局への就職を決めたのは、研修制度が大変充実していたことと、東海地区で様々なタイプの店舗を展開していることが理由でした。
 入社後、薬剤師としての研修はもちろん、社会人としてのビジネスマナーや、介護福祉事業と連携しているアイセイ薬局ならではの介護施設での研修もあり、認知症の方は薬の説明をしてもすぐに忘れるということを肌身で知ることができるなど、今の仕事にとても役立っています。
 また、総合病院やクリニックの門前、医療モールなど様々な立地で、数多く診療科を経験できることは、薬剤師としてのスキルアップにつながると考えました。何よりも見学の時に、どの店舗でも現場の皆さんが生き生きと働いているのが印象的だったことも入社を決めた理由です。
 実際、入社してから勤務した3店舗では、業務の基本の流れは同じでも、ミス防止のための工夫や、患者さまの特性に応じた店舗づくりをそれぞれに行っており、私自身も様々な経験を積むことができました。

強い信頼関係を築き
患者さまのかかりつけ薬局へ

 様々な店舗を経験して今年、クリニックの門前薬局で店長を任されることになりました。日々の調剤業務に加えて、医師との面談や、売上管理やスタッフのシフト調整などのマネジメント業務を担っています。
 もともと就職先として病院を希望していたのですが、実務実習でそれぞれの現場を経験するうちに、患者さまとのコミュニケーションを通じて、信頼関係を築いていける調剤薬局が私の性に合っていると考えるようになりました。例えば、どうしても夕食後の薬だけを飲み忘れるという患者さまには、医師との相談のうえで朝食後に変えさせていただいたこともあり、患者さまの生活全般に長期的に関わっていけます。今はそこにやりがいを感じています。
 今後は、これまで勤めた店舗で培ったノウハウを活かして患者さまとの信頼関係をさらに強いものにすることで、かかりつけ薬局として、お薬全般を任せていただけるようになりたいです。そのうえで店長としても自分らしい薬局作りをしていきたいと考えています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

前に勤務していた店舗の店長が生活習慣病などについてよく勉強しており、糖尿病の患者さまに食事の調味料の使い方などまで幅広くアドバイスし、とても信頼されていました。私も薬だけでなく、患者さまの生活習慣の改善にまで深く関われることを自分の「強み」とする薬剤師になりたいです。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    当然、社会人としての責任が重くなります。インフルエンザなどに絶対かかることのないよう、自己管理を徹底。学生時代はいつも時間ギリギリだったのが、今は物事の優先順位をつけるなど、時間の使い方を考えるようになりました。

  • 学生時代にしておけば
    良かったこと

    様々な患者さまと接する調剤薬局での仕事は、引き出しは多い方がいいので、視野を広げる海外旅行や接客業のアルバイトの経験は役立つと思います。実習では、学校で習うもっと多くの薬の一般名と薬局で使用する商品名を結びつけて覚えておけば良かったと思いました。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    早いうちから進路を決め込まずに、いろいろな職種や仕事を見聞することをおすすめします。薬局でも数多くの店舗を見学することで、実際の雰囲気がよくわかり、本当に自分に合う就職先を見つけられると思います。

オフタイム

高校時代からのソフトテニスが休日の楽しみ。
目指すはクラブチーム対抗戦で全国優勝!

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る