様々なキャリア~目標とする働き方~

株式会社キリン堂(キリン堂グループ)

業種・職種 保険(調剤)薬局ドラッグストア(調剤併設含む)
2018年取材記事
多職種と交流して見識を広め、一歩踏み込んだ服薬指導を実践していきたい!
私のCAREER 薬局薬剤師
キャリアの軌跡と今後

重要度が増す在宅医療で 活躍できる薬剤師を目指して

 薬剤師として社会で活躍する道はいろいろとあります。その中で、自分は何がしたいのか、どうなっていきたいのかと自問。「患者さんにしっかりと向き合いたい」「これから重要度が増してくる在宅医療に関わりたい」という気持ちが強く、在宅医療に携われる薬局薬剤師を志望するようになりました。もちろん、病院薬剤師でも患者さんと向き合う活動はできると思いますが、薬局のほうが「生活の一部」というより身近な存在として、きめ細やかなフォローができるのではないかと考えたのです。  キリン堂については、実務実習を通じて知りました。調剤併設ドラッグストア、調剤専門、都市型医療モールなどさまざまなスタイルの店舗展開にも魅力を感じたのですが、特に在宅医療に力を入れていることに加え、非常に風通しもよく、何でも言い合える雰囲気があり、ここでなら楽しく仕事ができそうと思い、入社を決めました。

全体表示
2016年取材記事
地域在宅医療で 「訪問薬剤師」という 職能を確立したいです。
私のCAREER 薬局長(管理薬剤師)
キャリアの軌跡と今後

「来てくれないと困る!」 信頼され頼られる薬剤師に

 醍醐店はキリン堂の中で最も多い在宅件数を持つ店舗で、私も入社半年目から在宅医療に関わっています。介護老人ホーム等の施設や通院できない患者さまのご自宅を訪問し、薬が正しく使用できているか、薬による問題が生じていないかを確認し指導。施設在宅においては、定期的に医師の診察に同行し、入居されている方々の健康チェックや薬による有害事象の確認を行い、医師の処方設計に役立てるよう薬学的な情報提供を行うというのが主な業務です。  多い時は週に4回ほど同行していますね。患者さまの症状に応じ薬や剤形を変更するなど、薬学的管理も施設の看護師と連携して行っています。「患者さまが医師の指示よりも短い間隔で薬を服用してしまったが、どう対処すればいいか?」等々。看護師や医師から、薬に関して多くの相談をいただけるので、責任を感じるとともに、必要としてもらえていることにやりがいを感じています。  もちろん、新人のころは、自分の力不足を感じたり、医師や看護師からの質問にすぐ答えることができず悔しく情けない思いをしたこともありました。そこで私が思い立ったのは、入居者お一人おひとりの日々の状態を施設の看護師にヒアリングすること。患者さまのことをまず、もっと把握するべきだと思ったからです。使用されていた薬の注意点をまとめて報告したら、「とても勉強になった」「入居者の人たちのことを気にかけてくれてありがとう」と嬉しい言葉をいただきました。  それからは、薬に関することやそれ以外のことでも、困ったことがあれば相談してくださるようになりました。「的場さんが来てくれないと困る」と言われたときは、様々な苦労や努力が報われた思いがしましたね。一つひとつ、このような信頼を積み上げていくことだと考えています。

全体表示

ページトップへ戻る