薬働ナビ掲載法人

  • 商社・卸(管理薬剤師等)

    株式会社スズケン

    健康創造企業

    スズケンは、「世のため、人のためになる仕事がしたい」という創業者の熱い思いから生まれた会社であり、創業から80年以上経った今でも、スズケン社員は、この思いをDNAとして引き継いでいます。その思いを実現するためにスズケンは、事業領域を「健康創造」とし、医療用医薬品卸売事業を中心に、医療及び介護に関する様々なフィールドをスズケンの仕事として捉え、幅広く事業展開をしています。医療バリューチェーンを築いているのは、スズケンの大きな特徴です。DesignYourSmileをグループ経営理念メッセージとし、すべての人々の笑顔溢れる豊かな生活に貢献する「健康創造企業」として邁進し続けます。

  • 保険(調剤)薬局

    株式会社育星会(カイセイ薬局)

    薬剤師として様々な働き方を経験し、大きく成長

    先端の医療に触れる総合病院前店、ドクターや地域住民との距離が近い開業医隣接店、さらに地域医療の新しい形を提案する在宅専門店や駅前医療モールなど、規模や機能・役割が異なる様々なタイプの調剤薬局を、引越しすることなく経験できるのがカイセイ薬局です。社長を含め取締役全員が現場経験のある薬剤師であるため、患者さんや薬剤師の想いに応える薬局経営が行われているのが大きな特徴です。患者さんに喜んでいただけることは何か、薬剤師の知識やスキルをどう役立てられるかを熟考した経験が、当社独自のきめ細かな医療サービスや薬局づくりに反映されています。

  • 保険(調剤)薬局

    たんぽぽ薬局株式会社

    “薬剤師(ひと)が育つ、薬剤師(ひと)を育てる” 多種多様な処方箋の関わりや多彩な研修プログラム、一人暮らしや子育てサポートといった福利厚生が充実しています。

    「薬剤師(ひと)が育つ、薬剤師(ひと)を育てる」
    たんぽぽ薬局は、医療・介護をトータルサポートする総合ヘルスケア企業「トーカイグループ(東証一部上場企業)」の一員です。調剤分野のみならず、病院給食やリネンサプライなどの病院関連サービスや、介護用品レンタルや住宅改修などの在宅向けサービスを担い、「地域包括ケアシステム」構築に大きく寄与しています。全店舗のうち8割以上が総合病院の門前薬局という特徴を持つことから、多種多様な処方箋に関われます。日々、さまざまな症例に触れることで薬剤師としてのスキルアップが大きく見込みる環境です。また高度薬学管理機能の充実・強化にも積極的に取り組んでいます。

  • 病院

    パナソニック健康保険組合 松下記念病院

    あたたかい医療の担い手が集う、あたたかい職場
    患者さまのみならず職員も大切にし、 あたたかい医療の担い手が集う、 あたたかい職場づくりを進めています。

    「最良の薬物療法と、患者さまに満足していただける安全な医療の提供に努めます」を理念に、薬の責任者としての責務を果たせる薬剤部づくりを進めています。パナソニック(株)とのコラボにより、注射薬払出装置や病院内自律搬送ロボット「ホスピー」を導入し、業務の効率化や安全性の向上を実現。薬剤師が薬剤管理指導、抗がん剤・IVHの無菌混合調製、医薬品情報などの本来業務に薬学的な見地から取組める環境を整えています。

  • 病院

    愛知県厚生農業協同組合連合会 安城更生病院

    モチベーション重視の業務配置

    どういう仕事をしたいのか、どのような薬剤師になりたいのか、キャリアに対するビジョンを持っているスタッフには、どんどん仕事を任せ、その成長を支援したいと考えています。スタッフ一人ひとりが意見を声にできる体制をつくり、お互いに刺激しあえる職場づくりを目指しています。また、与えられた仕事よりも、「やりたい」と願った仕事を担当した方が、モチベーションや自覚が芽生えることから、可能な範囲で希望を取り入れた配置をしています。

  • 保険(調剤)薬局

    ファーマライズホールディングス株式会社

    様々な取り組みで地域医療に貢献。選ばれる薬局へ

    地域に寄り添い、求められる薬局であるために、約20年前から在宅医療に取り組み、医師・看護師と一緒に在宅医療チームの一員として、多くの実績を積み上げてきました。また、メディカルアロマやサプリメントを活用した予防医療の提案、コンビニ等とのコラボレーション展開を行っており、薬剤師の活躍の場は多岐にわたります。

  • メーカー(MR・研究・開発)

    Meiji Seika ファルマ株式会社

    make life lively
    私たち明治グループは、赤ちゃんからお年寄りまであらゆる世代のお客さまに、牛乳・乳製品・菓子・食品・薬品など、幅広い商品・サービスを提供しています。

    明治グループの薬品会社であるMeiji Seika ファルマ(株)は医療用医薬品、農薬、動物薬を取り扱っています。中でも医療用医薬品が事業の中心であり、「感染症」「中枢神経系疾患」「ジェネリック医薬品」を軸に事業を展開しています。国際展開力を有する「スペシャリティ&ジェネリック・ファルマ」を目指す姿とし、専門領域に特化し高品質なジェネリック医薬品を安定的に供給してまいります。グループの総力を挙げて新たな価値創造に挑戦することで、「健康・安心」への期待に応えていきたいと考えています。

  • 保険(調剤)薬局、ドラッグストア(調剤併設含む)

    株式会社キリン堂(キリン堂グループ)

    心理カウンセラー研修を導入しコミュニケーションを鍛える!実務に応用できるよう支援していきます。信頼される薬剤師だからこそ、仕事のやりがいに繋がっていく…

    キリン堂では、服薬指導やセルフメディケーションに対応していくためには、コミュニケーションスキルの向上が必要と考えています。社員研修では、薬剤の事、病態の事だけでなく、コミュニケーション能力をトレーニングしていきます。心理カウンセラーから直接指導をうけ、実務に応用できるよう支援していきます。信頼される薬剤師だからこそ、仕事のやりがいに繋がっていく…そう実感できる環境で活躍しています!!

  • 保険(調剤)薬局、ドラッグストア(調剤併設含む)

    株式会社ココカラファイン ヘルスケア

    成長できる舞台がある。夢中になれる仕事がある。

    【薬剤師の基礎を身につける】キャリアのスタートは調剤業務
    【OTCの知識も研修でサポート!】3年間のベーシック教育
    【しっかり調剤できる】1店舗当たり平均2,000枚処方箋応需(1日平均80枚)
    【幅広い処方箋に触れる面分業】処方箋受付医療機関数250以上!
    【複数の薬剤師がいる安心の環境】1店舗当り平均5.5人の薬剤師数
    【安心の働く環境】経済産業省認定!2019年「ホワイト500」認定企業!

  • 保険(調剤)薬局、ドラッグストア(調剤併設含む)

    株式会社アカカベ

    集中出店によるドミナント展開が生み出す力

    「地域医療に貢献すること」を理念に、大阪の北東部に多くの店舗を集中して展開することで、地域全体に広く深く根ざしたサービスを提供し、地域医療に貢献しています。また、店舗間が近いことで社員同士のコミュニケーションが取りやすい環境をつくり、協力できる体制が整っています。

  • 病院

    京都第二赤十字病院

    チーム医療による専門的なサポート、保険薬局との情報共有を積極的に推進

    当院薬剤部では「“正確・迅速・良質・親切・わかりやすい”調剤を目標に、常に薬剤師としての資質の向上を図り、医薬品の適正管理と適正使用を通して、患者さんの健康に寄与できるよう努めます」という理念を掲げ、業務に取り組んでいます。特に当院の薬剤師は緩和ケアチーム、栄養サポートチーム、がん診療推進室、感染対策チームなどのチーム医療にも所属し、専門的なサポートを行っています。また、保険薬局の薬剤師と日頃から情報を共有し、病院スタッフとも連携しながら、患者さんが安心して医療を受けてもらえる環境づくりを推進しています。

  • 保険(調剤)薬局

    そうごう薬局グループ(総合メディカル株式会社)

    『よい医療は、よい経営から』総合メディカルだからつくれる未来。

    よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献すること。
    それが総合メディカルの使命であり、責任です。
    『よい医療は、よい経営から』をコンセプトに、コンサルティングをベースにした医業経営のトータルサポートを行います。
    総合メディカルにしかできない医薬連携と健康サポート薬局の取り組みが皆さんを待っています!

  • 保険(調剤)薬局

    株式会社サエラ(サエラ薬局)

    医療コンサルグループの強みを活かし、 未病から介護まで薬剤師の職域を拡大中! 新たな領域への挑戦も行っています。

    特長①:グループの介護福祉施設に常駐し、多職種と連携を図る”施設常駐薬剤師(施設版コンサルタントファーマシスト)"に取り組み、薬剤師の職域拡大に挑んでいます。

    特長②:医療コンサルグループだからこそ実現可能な研修があり、薬局の枠を超えた経験ができ、薬剤師としての可能性を拡げられます。

    特長③:若手もプロジェクトチームに参画可能!店舗業務だけではない、多彩な業務に携われるチャンスがあります。

  • 保険(調剤)薬局、ドラッグストア(調剤併設含む)

    株式会社コクミン

    【創業83年のドラッグストア・調剤薬局チェーン/入社から働くスタイル(調剤/OTC)を選べる】

    コクミンはドラッグストアのパイオニアとして創業83年の歴史があり、調剤薬局においても大学病院、急性期病院の門前立地をはじめ、利便性の高い駅ターミナル立地にも展開しており、毎日幅広いお客様にご利用いただいております。また、コクミンは社員の選択の自由を尊重する社風で、入社時から働き方(調剤専門/併設/OTC)を選べるようになっています。そして、経営幹部が自ら現場を回り、社員の声を聴くようにしているので距離感も近く、人に温かく、支え合う社風も魅力の一つです。

  • メーカー(MR・研究・開発)

    大日本住友製薬株式会社

    大日本住友製薬の新薬開発

    大日本住友製薬は、「人々の健康で豊かな生活のために、研究開発を基盤とした新たな価値の創造により、広く社会に貢献する」を企業理念としています。この理念を実現するため、また世界の方々に革新的で有用な医薬品をお届けするため、循環器・糖尿病、さらにアンメットメディカルニーズの高い精神神経領域とがん領域を研究重点領域とし、革新的な医薬品の創製に全力を注いでいます。

  • 官公庁(公務員)

    神戸市役所

    「神戸」で、未来を創造し続けるプロフェッショナルの一員になる。

    豊かな自然と街並みに彩られた都市、神戸。約154万人の市民が快適に暮らせるようにまちづくり、地域福祉、商工業振興など様々な行政サービスを展開し、各セクションで多くの職員が活躍しています。その中で衛生監視員は、食の安全・安心をはじめとした衣・食・住の生活環境を守る仕事をしています。市民のみなさんが夢をもって安心して暮らしていけるよう、輝ける未来創造都市の実現に向け取り組んでいきます。

  • 保険(調剤)薬局

    株式会社ユーアイファーマシー

    大阪・神戸を中心に地域に根付いた「医療モール型」「駅前型」調剤薬局を展開。 薬剤師がしっかりと地域貢できるよう一つの店舗で腰を据えてじっくりと働き成長できる環境が整っています。

    ≪各人に合せたきめ細かい充実の研修制度≫
    各店舗でのOJT研修、毎月の集合研修はもちろん、メンター(先輩薬剤師)による、一人ひとりに寄り添ったサポートが充実。
    ~ミスなく調剤ができるだろうか、上手く患者様と話ができるだろうか、先輩たちとうまくやっていけるだろうか~
    社会人として新たな一歩を踏み出さす不安は尽きないはず。その気持ちがわかるからこそ、先輩薬剤師が心理面でもサポートします。

  • メーカー(MR・研究・開発)

    塩野義製薬株式会社

    常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する

    シオノギは基本方針である「常に人々の健康を守るために必要な最もよい薬を提供する」ことを目的にしています。
    現在、シオノギでは「基本方針のグローバル化」つまりシオノギが創製した薬を日本国内は勿論、世界中の人々に一日でも早くお届けするということを目指して、活気に溢れ開かれた雰囲気の中で全社一丸となって仕事に取り組んでいます。

  • 保険(調剤)薬局

    メディカルシステムネットワークグループ(なの花薬局)

    地域に信頼され愛される「地域薬局」として、生涯を見守る「まちのあかり」でありたい

    全国に430店舗以上展開している「なの花薬局」は、地域密着型店舗の割合が高く、地域の人々の暮らしや人生に寄り添う“地域薬局”を目指してきました。地域に信頼され、愛される「地域薬局」として、生涯を見守る「まちのあかり」として、すべては地域の未来と笑顔のために、これからも歩み続けていきます。

  • 病院

    独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO) 近畿地区病院

    「安心の地域医療を支えるJCHO」 JCHOは全国に57病院、26の介護老人保健施設を展開しています。地域の住民、行政、関係機関と連携し地域医療の改革を進め安心して暮らせる地域づくりに貢献します。

    内服の調剤から抗がん剤の調製、点滴の作成や病棟業務等、薬剤師としての知識を存分に発揮できます。専門性を活かし、チーム医療の一員としても活躍できます。JCHOは人材育成にも力を注ぎ、教育・研修活動も活発に実施しています。薬剤師として中長期的に目指すべき道が考察でき、スケールメリットを活かして様々な経験を積みキャリアアップを目指していくことができます。もちろん、経験豊富な先輩方がしっかりとサポートします。

  • 病院

    独立行政法人国立病院機構 東海北陸グループ

    東海北陸国立病院薬剤師会によるコミュニケーションの充実

    チーム医療の中で薬剤師が活躍するには、まず薬剤師同士のコミュニケーションを充実させる必要があります。国立病院機構東海北陸グループに所属する薬剤師は東海北陸国立病院薬剤師会の一員として活動します。年1回行われる総会ではグループ内の薬剤師が集い、交流することで情報共有、日々の業務の問題解決の場として利用されます。また、教育研修委員会、業務推進委員会、学術研究委員会に分かれて、自施設のみでは取得できない知識を身につけ、相乗的な知識の増加につながっています。職場の枠を超えた「飲みにケーション」もあり、日頃から何でも相談できる風通しの良い風土も、国立病院機構東海北陸グループの特長です。

ページトップへ戻る