法人情報詳細

一般社団法人 松阪地区薬剤師会 (会営センター薬局)

業種 保険(調剤)薬局

キャリア形成及び教育の考え方

あなたが主役になって地域の皆様を笑顔にしてみませんか!!
センター薬局には、薬剤師として幅広い知識と専門スキルを身につけることができる環境が整っています。

センター薬局は、松阪地区薬剤師会が運営する会営薬局として、松阪地区の急性期3総合病院の門前で開局し、病院の基幹薬局としての役割を果たすために知識の吸収と技量の研鑽に励んでおり、各科医師の処方とさまざまな疾患の患者様、また希少薬品等の調剤をこなしています。
昨今、病院にも専門性が発揮されるようになり、センター薬局では専門疾患により深い知識をもった薬剤師の育成に努め、病院の医療パートナーとしてチーム医療の一旦を担える薬剤師の育成を目指しております。また、薬局業務の効率化のため、大型の全自動錠剤分包機・自動一包化監査システム・電子薬歴等を導入して、いち早く IT化を実現してまいりました。  

会社(法人)の魅力

センター薬局のコンセプトは  ❝地域に貢献できる薬剤師❞
薬剤師の職能を通じて社会に貢献することで、薬剤師の地位の向上に繋がり、薬剤師の職業に誇りと希望を感じてもらいたいと願っています。  

会営薬局の役割は、調剤薬局としてだけでなく、行政・住民・多職種とタイアップし地域の医療・福祉・健康の発展に貢献することです。
松阪地区では地域の医療従事者との連携や交流が活発であり、地域の様々な活動や事業等にも参加する機会が多く、地域との関わりが深いことが特徴です。会営薬局には、薬剤師職能を通じて地域の医療・福祉・健康の発展に貢献できる薬剤師になれる機会に恵まれております。
薬剤師の仕事は、終わりのない、とても奥の深い職業です。センター薬局では、薬剤師であることに誇りと責任を感じ、薬剤師としての向上心を持ち続けることのできる環境を提供させていただきます。

概要

事業内容 調剤薬局および医薬分業推進支援事業
本社所在地 三重県松阪市殿町1580-1
設立 1995年4月
代表者 会長 中村 文彦
売上高 19億470万円(令和2年度)
事業所 ・センター薬局市民病院前店(松阪市殿町1580-1)
・センター薬局中央病院前店(松阪市川井町字小望185-2)
・センター薬局済生会病院前店(松阪市朝日町1区10-27)
従業員数 56名
薬剤師数
(薬学出身者数)
25名
薬学出身者の活躍職種 役員・薬剤師
沿革 1995年(平成7年) 4月 社団法人松阪地区薬剤師会を設立
1996年(平成8年) 4月 センター薬局市民病院前店を開局
2003年(平成15年) 2月 センター薬局中央病院前店を開局
2004年(平成16年) 2月 センター薬局済生会病院前を開局及び会営分譲センターを設置
2013年(平成25年) 4月 一般社団法人松阪地区薬剤師会へ移行
2015年(平成27年)10月 松阪地区薬剤師会館 及びセンター薬局市民病院前店を新築移
お問い合わせ先 一般社団法人 松阪地区薬剤師会(事務局)
電話 0598(22)2356
メール:matuyaku@mctv.ne.jp
交通機関・アクセス JR松阪駅より1km
バス:市民病院前下車すぐ

先輩インタビュー

出身大学 名城大学
卒業年 2019年

◆現在の職種を選んだ理由・魅力

自分が生まれ育った地元で、地域の方々の健康を支える職につきたいと薬剤師を選びました。
薬剤師は、地域の医療・福祉・健康に幅広く関りをもつ医療従事者であり、かつ地域住民にとって身近な存在であることがとても魅力だと感じました。地域医療に根ざした薬局では、地域医療への貢献だけでなく、積極的に薬局外にも出て、地域貢献活動を通して、地域の方々の健康づくりを支援されている姿がとても魅力的でした。
薬剤師は、経験とスキルを積み上げていくことで、さらに向上心が持てる職種だと感じております。

◆当社の志望動機

センター薬局での実務実習を通して、幅広い病院の処方や多くの薬を調剤することによって、日々、分からないことを発見する楽しさと自身の成長や充実感を感じることができ、このような奥深く勉強できる薬局に就職したいと思いました。
センター薬局は、がん患者様と関わる機会も多く、さらにがんの勉強をし、薬局でがんの患者様の治療をサポートしたいと思いました。                                            また、何でも相談できるとても雰囲気のいい職場なので、この先輩方と一緒に仕事したいと思いました。

◆入社してからの仕事の変化・現在の仕事内容

一日一日が発見であり、楽しみであり、緊張感と充実感を感じながら、あっという間に日が過ぎた気がします。失敗したり自信を失いかけたりすることもありましたが、そんな時に先輩から優しく声をかけていただいたおかげで、前に進むことができました。
現在、在宅を担当させていただいております。日々、多職種の方々と連携をとりながら、迷いや工夫や発見を繰り返しております。在宅の患者様から信頼されてきたことを実感できたり、服薬管理が向上するととても嬉しくやりがいを感じます。

◆今後の目標

薬剤師の仕事とは、ベストの答えのない奥深さがあり、まだまだ試行錯誤しておりますが、日々勉強のつもりで、失敗を恐れずに一つ一つ経験を積み重ねていきたいと思っています。
私は、専門性の高い薬剤師を目指したいので、多くの知識を身につけ、がん専門の資格取得を目指すとともに、かかりつけ薬剤師として地域医療に貢献して、患者様一人一人と向き合い寄り添える薬剤師になりたいと思っています。
センター薬局には、結婚・出産・育児を経験し活躍されている先輩方が多いので、これからもずっと向上心を持ち続けて、この職場に長く勤めたいと思っています。

ページトップへ戻る