法人情報詳細

トヨタ自動車株式会社 メディカルサポート部 トヨタ記念病院

業種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

教え教えられる風土

画一的な教育プランではなく、各々個人の特性や進捗に合わせて、上司・先輩薬剤師とともに考えながら個別の教育スケジュールを立てていきます。新人には各々職場先輩というお世話係が付き、日常業務を通じての、ビジネスパーソンとして必要な基礎知識や、業務を進める上で必要な専門知識の修得・実践に向けた指導を行っていきます。

会社(法人)の魅力

トヨタ記念病院はトヨタ自動車(株)の企業立病院です

トヨタ自動車には、共通の理念・行動原則としてトヨタウェイがあります。また、「モノづくりは人づくり」という教育・人材育成理念があり、その施策としてカイゼン活動や創意くふう制度、2WAYコミュニケーションといった様々な制度や取り組みがあります。福利厚生制度も充実しており、働きやすい環境が整えられています。

概要

事業内容 医療業
診療科目 内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科、内視鏡科、脳神経内科、血液内科、腎臓内科、内分泌・糖尿病内科、総合内科、リウマチ科、感染症内科、腫瘍内科、緩和ケア内科、精神科、眼科、耳鼻いんこう科、小児科、小児科(新生児)、産婦人科、生殖医療・産婦人科(ジョイファミリー)、皮膚科、泌尿器科、放射線治療科、放射線診断科、外科、脳神経外科、整形外科、リハビリテーション科、形成外科、歯科口腔外科
、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科、消化器外科、内視鏡外科、肛門外科、心臓外科、血管外科、小児外科、緩和ケア外科、麻酔科、集中治療科、救急科(ERトヨタ)、統合診療科(研修医)、臨床検査科、病理診断科、ゲノム医療科、海外渡航科
稼働病床数 527床
本社所在地 〒471-8513 愛知県豊田市平和町1丁目1番地
設立 開院/1987年9月15日
代表者 病院長 岩瀬 三紀
事業所 トヨタ記念病院 愛知県豊田市平和町1丁目1番地
従業員数 1,069名(非常勤医師は除く)
薬剤師数
(薬学出身者数)
39名
専門・認定薬剤師 日本医療薬学会 がん専門薬剤師 4名
日本医療薬学会 がん指導薬剤師 3名
日本医療薬学会 医療薬学専門薬剤師 1名
日本医療薬学会 医療薬学指導薬剤師1名
日本緩和医療薬学会 緩和薬物療法認定薬剤師 4名
日本病院薬剤師会 妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師 1名
日本病院薬剤師会 感染制御認定薬剤師3名
日本化学療法学会 抗菌化学療法認定薬剤師 3名
日本臨床栄養代謝学会 栄養サポートチーム専門療法士 5名
日本臨床栄養代謝学会 臨床栄養代謝専門療法士 がん専門療法士1名
日本臨床栄養代謝学会 臨床栄養代謝専門療法士 周術期・救急集中治療専門療法士1名
日本糖尿病療養指導士3名
日本くすりと糖尿病学会 糖尿病薬物療法准認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター 漢方薬・生薬認定薬剤師 1名
日本骨粗鬆症学会 骨粗鬆症マネージャー1名
日本アンチドーピング機構(JADA) 公認スポーツファーマシスト1名 
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 7名
日本病院薬剤師会 病院薬学認定薬剤師 13名
日本薬剤師研修センター 認定薬剤師 9名
お問い合わせ先 〒471-8513 愛知県豊田市平和町1丁目1番地 
電話番号 0565-28-0100
交通機関・アクセス 豊田市駅から名鉄バス利用トヨタ記念病院行 約25分

先輩インタビュー

出身大学 名城大学
卒業年 2019年

◆病院薬剤師を選んだ理由・病院薬剤師の魅力

病院薬剤師を志望した理由は、自らの知識を活かして患者さんの薬物療法に貢献したいと思ったからです。人は病にかかると落ち込み、不安でいっぱいです。薬物療法がどんなに優れていても患者さんに受け入れてもらえなければ患者さんを治すことができません。そこで活躍できるのは病院薬剤師です。培った知識をフル活用し患者さん個々に最適な薬物療法を医師へ提案し、患者さんと一緒に治療することができるのは病院薬剤師だけです。回復していく患者さんを目の前で見ることができ、私自身嬉しく思いますし、患者さんが喜んでくれる姿を見てまた嬉しくなります。そんなやりがいを持てるのが病院薬剤師の魅力であり職能だと感じています。

◆当院の志望動機

病院見学をさせてもらった際、とても良い雰囲気を感じました。薬剤師どうしはもちろんのこと、他職種の方とも気軽に話をしている先輩方を見て、病院全体が明るい雰囲気であったのでこの病院の薬剤師として働きたいと思ました。
また、当院はトヨタ自動車の企業立病院であり、他の病院にはないトヨタ流の人材育成や業務改善の意識が高いと感じました。実際、やりたい研究へのバックアップや専門薬剤師取得へのサポートなども充実しており毎日やりがいを感じています。

◆入職してからの仕事の変化・現在の仕事内容

1年目は調剤室、注射室、製剤室、化学療法室のコア業務を徹底的に学びます。半年経過すると夜勤や休日勤務が始まります。1年を通して処方や薬物療法について学び、2年目より病棟業務に従事します。1年目で培った知識を発揮する場です。病棟1年目は先輩薬剤師が常に一緒にいて指導してくださるため、日々成長を実感することができます。現在私は外科病棟に従事しており、周術期の薬学的管理、消化器癌の化学療法などを通じて、薬物療法、緩和、感染、栄養など様々な分野の知識を学ばせていただいています。

◆今後の目標

今後は認定・専門薬剤師を取得し臨床、研究の両面に携わっていければと考えております。私の目指す薬剤師像は、自らの知識を高め、その知識を患者さんの薬物療法に活かし安心安楽な医療の提供に貢献する薬剤師です。その1つの手段として、認定や専門を取得しようと考えています。現在は様々な分野に触れ自分の興味のある分野、スペシャリストとして活躍できる舞台を模索しているところです。患者に寄り添い活躍できる病院薬剤師になり、後輩指導にも積極的に携わっていきたいと思います。

ページトップへ戻る