法人情報詳細

医療法人宝美会

業種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

早めの病棟業務で専門職としての成長を

薬局の業務内容として、調剤業務、無菌製剤、医薬品管理、医薬品情報管理業務、病棟業務などがありますが、当院はすべての業務に携わることで幅広い知識を習得することができます。まず、6か月で当直・日直ができることを目標に、薬局内の業務を一通り学びます。
また、4か月目という早い段階から、先輩薬剤師と一緒に病棟業務に携わることで、医師・看護師・他コメディカルと協働し、患者さまの治療に関わっていくことで専門性の高い知識・技術を習得することができます。
働きやすい職場環境を心掛け、他の医療スタッフと協力し、チーム医療の一員として、患者さまに安心して薬物治療を受けて頂けるよう、日々自己研鑽に励んでいます。

会社(法人)の魅力

患者さま側に立った全人的医療を目指します。

総合青山病院は地域の中核病院として「安心と信頼」をいただける医療を提供しています。
急性期部門には、外来部門、手術部門、検査部門、放射線部門が充実、最新の放射線治療装置であるサイバーナイフも導入しております。
また東三河南部医療圏を担う救急医療体制や健診センターの設置など、地域の皆様のご要望に応えられるよう取り組んでおります。
さらに回復期リハビリテーション病床、療養病床も兼ね備え、急性期から療養医療、在宅医療へとつなぐ連続的な医療を提供する体制を整えています。
今後もお子様からお年寄りまで幅広い患者さまとのふれあいを大切に、経験豊かな医師、看護師、すべての医療スタッフが一丸となり、チームワークで医療の質向上を目指し邁進して行きます。

概要

事業内容 病院事業、介護老人保健施設、訪問看護ステーション、居宅介護支援事業所、通所介護
診療科目 【総合青山病院】
内科、神経内科、呼吸器内科、消化器内科、循環器内科、腎臓内科、糖尿病・内分泌内科、漢方内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、眼科、皮膚科、泌尿器科、婦人科、耳鼻咽喉科、放射線科、麻酔科、リハビリテーション科、歯科口腔外科

【浜名病院】
内科、循環器内科、呼吸器内科、外科、消化器内科、消化器外科、整形外科、脳神経外科、泌尿器科、眼科、皮膚科、小児科、歯科口腔外科、リハビリテーション科

【豊川青山病院】
内科、リハビリテーション科
稼働病床数 682床
本社所在地 〒441-0195 愛知県豊川市小坂井町道地100-1
設立 1984年1月18日
代表者 理事長 具 栄作
事業所 ・総合青山病院
・浜名病院
・浜名病院介護医療院
・豊川青山病院
・豊川青山介護医療院
・介護老人保健施設まんさくの里
・訪問看護ステーションさつき
・訪問看護ステーションはまな
・居宅介護支援事業所こざかい
・浜名居宅介護支援センター
・浜名デイサービスセンターなでしこ
従業員数 計988名
薬剤師数
(薬学出身者数)
14名
専門・認定薬剤師 病院薬学認定薬剤師 2名
お問い合わせ先 医療法人 宝美会 総務課 古橋
〒441-0103  愛知県豊川市小坂井町道地100-1
TEL: 0533-78-5313(直通)
E-mail:soumu2@aoyama-hp.or.jp
交通機関・アクセス 【総合青山病院】
●JR飯田線    「小坂井」駅下車  徒歩約12分
●JR東海道本線  「西小坂井」駅下車 徒歩約25分
●名鉄本線    「伊奈」駅下車   徒歩約25分
●JR東海道新幹線 「豊橋」駅下車   タクシー約15分
※無料巡回バスあり
●運行日:外来診察日(月~土)
 ※木・土は午前のみ運行、日・祝祭日運休

【豊川青山病院】
●名鉄豊川稲荷線 「稲荷口」駅下車  徒歩約15分
●JR飯田線    「牛久保」駅下車  徒歩約10分

【浜名病院】
●JR東海道本線  「新所原」駅下車  徒歩約10分

先輩インタビュー

出身大学 名城大学
卒業年 平成27年

◆病院薬剤師を選んだ理由・病院薬剤師の魅力

私が思う病院薬剤師の魅力は、患者さまが入院してから退院までの経過を見ていられることと、チーム医療が顔を見合わせながらできるということです。入院後から退院までの経過をみることにより薬物治療の効果を実感できます。教科書や参考書で学ぶよりも、実際に見ていくことが一番勉強になると思います。また、チーム医療は様々な職種が携わって初めて成功するものです。他の職種からの意見は自分にはなかった視点だったり、知らない知識だったりするので非常に勉強になります。

◆当院の志望動機

当院を志望した理由は2つあります。まずは、漢方内科や遺伝カウンセリング外来、サイバーナイフなどあまり見たことがない診療科があり、他院では経験することが出来ない処方内容や病態を見ることができ、勉強になることです。もうひとつは急性期病棟だけではなく、回復期病棟、慢性期病棟があり、さまざまな患者さまの経過を見ることが出来ることです。
薬局実習で漢方薬に触れる機会が多くあり、そこで漢方薬についてもっと勉強してみたいと思っていたので、漢方内科があることは私にとって特に魅力的でした。

◆入職してからの仕事の変化・現在の仕事内容

入職後は調剤・注射業務などを行い、一通りのセントラル業務をこなせるようにしていきます。仕事が慣れてきた8月からは当直・日直業務を行います。7月からは病棟業務を行うようになりました。まずは基礎疾患や併用薬があまりない口腔外科の服薬指導から始め、慣れてきたら他の科の患者さまにも服薬指導を行うようにしました。2年目からは委員会への参加や新しく入ってきた後輩の指導がはじまります。現在ではシステム委員会とICTに参加し、整形外科病棟、リハビリテーション病棟で病棟業務を行っています。

◆今後の目標

本年度よりICTの一員となりました。感染制御についての専門性を向上させていきたいので、感染制御認定薬剤師や抗菌化学療法認定薬剤師の取得を目指しています。感染分野のみ特化して他の分野をおざなりにしないため、全般的に勉強していきたいと思っています。現在コロナ禍のため、勉強会が中止になることが多く、オンラインによるセミナーが増えています。オンラインならではの現地に赴かなくても受けられる勉強会が増えてきたため、開催場所の都合で参加できないことが減ってきたので、積極的に勉強会へ参加していこうと思います。

ページトップへ戻る