法人情報詳細

日本赤十字社近畿ブロック血液センター

業種 その他

キャリア形成及び教育の考え方

まずは「輸血用血液製剤とは」を学ぶ

近畿ブロック血液センターには、輸血用血液製剤を製造する製剤部、品質管理、検査、学術情報など、薬剤師が活躍できる場がさまざまありますが、輸血用血液製剤とは何か、どのような工程でつくられるのか、専門知識を学んでいただくため、まずは大半が製剤部からスタートします。指導係や上長による試験をパスしてひとり立ちした後、経験を積み、異動などを経てマネジメントスキルを習得しながら将来的には血液センターに必要不可欠ともいえる営業所管理者などを任されることがあります。

会社(法人)の魅力

国内唯一、人間のいのちと健康、尊厳を守る使命のある製薬会社

幅広い年齢層の薬剤師が活躍しています。平均勤続年数は21年と、長く働いている職員が大勢います。売上や利益を追求しない事業の特性上、薬剤師にノルマが課せられることがないため、「苦しんでいる人を救いたいという思いを結集し、いかなる状況下でも人間のいのちと健康、尊厳を守る」という日本赤十字社の使命に純粋に貢献したいと考える職員が多く、皆が同じベクトルを向いて団結し、業務を進めています。

概要

事業内容 日本赤十字社は日本で唯一、献血を原料とする血液製剤を製造しています。
2012年4月から「安全な血液製剤」を医療機関に「安定的に供給」することを、さらに充実させるため、広域的な事業運営体制を開始しました。各都道府県の血液センター単位での運営から、より広域的なブロックを単位とする運営体制(広域事業運営体制)に変更したものです。
この広域事業運営体制により、日本赤十字社近畿ブロック血液センターは大阪府茨木市に設置され、近畿一円のエリアから集められた年間約86万人分の献血血液を受入れ、血液製剤を製造、検査しています。
本社所在地 東京都港区芝大門1-1-3
設立 2012年
事業所 近畿ブロック血液センター(彩都)/兵庫製造所/福知山分室/大阪分室
従業員数 292人
薬剤師数
(薬学出身者数)
32人
薬学出身者の活躍職種 薬剤師

ページトップへ戻る