法人情報詳細

パナソニック健康保険組合 松下記念病院

業種・職種 病院

キャリア形成及び教育の考え方

「薬物療法の専門家」として、臨床に強くかつホスピタリティ・マインドに富んだ人物が望まれています。人間力に磨きをかけながら、短期・中期・長期で達成目標を定め、自分の目指す専門領域でのスキルアップを図ります。

「薬の専門家」にとどまらず、「薬物療法の専門家」としての職能を発揮することで医薬品の適正管理・使用を担い、医療安全の推進に貢献してほしいと思います。また、常にホスピタリティ・マインドを大切にし、患者サービスに努め、患者満足度・職員満足度の向上に寄与することを期待しています。そのため新人研修だけでなく、中・長期的な視野でのキャリア開発にも力を入れています。「なりたい姿・やりたい仕事」を明確にし、その実現に向けたスキルアップ計画を立案する「キャリア開発検討」を毎年、上司との面談などを通じて実施。自己実現を後押ししています。

会社(法人)の魅力

あたたかい医療の担い手が集う、あたたかい職場。患者さまのみならず職員も大切にし、 あたたかい医療の担い手が集う、 あたたかい職場づくりを進めています。

「最良の薬物療法と、患者さまに満足していただける安全な医療の提供に努めます」を理念に、薬の責任者としての責務を果たせる薬剤部づくりを進めています。パナソニック(株)とのコラボにより、注射薬払出装置や病院内自律搬送ロボット「ホスピー」、一包化薬監査システム、注射薬混合調製遠隔監査システム等の実証実験を行い商品化し、現場に導入することで安全性と業務の確実性の向上を実現。機械化・IT化は全国でも有数です。薬剤師が病棟薬剤業務、薬剤管理指導業務等の臨床業務に専念、他にも抗がん剤・IVHの無菌混合調製、医薬品情報などの本来業務に薬学的な見地から取組める環境を整えています。

概要

事業内容 [診療科目]
総合診療科、糖尿病・内分泌内科、呼吸器内科、血液内科、消化器内科、循環器内科、神経内科、精神神経科、外科、脳神経外科、整形外科、小児科、産婦人科、皮膚科、泌尿器科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、腎不全科、緩和ケア内科、放射線科、歯科口腔外科、造血細胞移植科、ドック健診センター、専門クリニック、セカンド・オピニオン
稼働病床数 323床(うち地域包括ケア病棟57床、緩和ケア病棟16床、HCU4床、ICU4床)
本社所在地 大阪府守口市外島町5番55号
設立 1940年11月
従業員数 職員数823名(2019年4月1日現在)
薬剤師数
(薬学出身者数)
22名(2019年4月1日現在)
事業所 大阪府
沿革 松下病院は1940年、パナソニック株式会社(旧松下電器産業株式会社)の創業者、松下幸之助氏の発意により開設されました。1953年に健康保険組合に移管され名称を松下記念病院に改め、その後診療部門の拡大や病床数の増加を図り、1958年から総合病院として、さらに1986年からは現在の地において快適な環境の中で心身ともに癒して頂けるように、質の高い信頼される医療を提供してきました。地域の中核病院として高い機能を有し、地域連携に力を注ぐと共に、がん診療拠点病院として地域での役割を担っています。ドック健診センターや全室個室の緩和ケア病棟を有し、文字通り、予防から看取りまで一貫したがん診療を行っています。

ページトップへ戻る