2017年取材記事
患者さまの健康を様々な面でサポートし
心も元気にしていける薬剤師を目指して。
6年制卒 先輩薬剤師
たんぽぽ薬局 鹿田店
名城大学 薬学部卒業 2017年度入社

患者さまと深く、長く
関わりあえる薬剤師へ

 薬局での実務実習の際に、処方箋を持たずに薬局に立ち寄られた患者さまの薬や健康に関する相談に対し、薬剤師が丁寧に応える様子を見て、患者さまと深く、長く関わりあえる薬剤師に憧れました。特にたんぽぽ薬局は、総合病院前に多く店舗を展開しているため、様々な患者さまに寄り添い、幅広い経験が積めると考え入社しました。
 1カ月の新人研修では、社会人としての基本もしっかりと学び、仕上げの100問テストに向けて、皆で覚え方を工夫したり、問題を出し合ったりと、同期との絆も深めることができました。その後に総合病院前の店舗に配属され、毎日、様々な処方箋に触れ、充実した日々を送っています。
 最初のうちは、患者さまから飲み合わせや食べ合わせの相談などをされても、わからないことも多く即答できないこともありました。そんな時は、すぐに先輩薬剤師に相談し、様々なアドバイスをもらったり、添付文書などで確認したりしていました。特に小児の投薬には、より注意が必要となるため、子供がいる薬剤師の方に色々と話を聞き、服薬指導に役立てるなど、一歩一歩ではありますが、着実に知識を増やしています。
 また勉強会なども充実しているので、できるだけ参加するようにし、参加できなかった場合には、参加した人のレポートを読むなど、自己研鑽にも力を入れています。

気軽に立ち寄り
健康相談できる場所へ

 投薬の際に心掛けていることは、患者さまが気軽に相談できるように、何でも聞きやすい雰囲気をつくることです。患者さまの中には、先輩薬剤師と話がしたいから来局されたという人もおり、私も先輩のように患者さまから信頼される薬剤師になりたいと思い、たとえ忙しい時でも、努めて余裕のある雰囲気を出すようにしています。最近では、私の顔を覚えて声をかけてくださる患者さまも少しずつ増えてきました。「体調がよくなったよ」と言われると、とてもうれしく、また「もっとお役に立てるように頑張ろう」とモチベーションもアップします。
 これからも患者さま一人ひとりに合わせた投薬を心掛け、処方箋を持っていなくても、気軽に薬局に立ち寄っていただける、毎日の生活に密着した場所にしていきたいと思います。そして何気ない会話の中から、患者さまの健康を様々な面でサポートできる薬剤師を目指して、努力を重ねていきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

処方箋に伴う薬学的なアドバイスだけでなく、普段から患者さまが気軽に立ち寄りやすく、話し相手として患者さまの心も元気にしていけるような薬剤師を目指したいと思います。患者さまの健康を様々な面からサポートしていけるよう、日々、自己研鑽に励んでいきます。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    学生の頃は、与えられたことを「ある程度のレベル」でやれば単位がもらえましたが、社会人となれば、「ある程度」では許されません。患者さまから見れば新人であろうと薬剤師であることに変わりはなく、発言や行動に大きな責任が伴うことを痛感しました。

  • 学生時代にしておけば
    良かったこと

    興味があることは何でもやっておくとよいと思います。患者さまは例えば健康食品や再生医療など、日々様々なお話をされるので、学生のうちから少しでも興味を持ったことは何でも挑戦し、自分の引き出しを増やしておくと役立つと思います。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    どの会社、組織に就職しても、自分で決めて頑張ろうと思った仕事でなければ、全力を尽くせず、達成感ややりがいを見出せないと思うので、実務実習を通じて感じたこと、やりたいと思ったことを大事にしてほしいと思います。

オフタイム

休日には、
同期や友人と食事をしたり、
旅行に行ったり、楽しく過ごして、
気分をリフレッシュしています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る