2015年取材記事
キャラバンメイトの活動も拡大。 “興味”を満たせやりがいがあります!
サン薬局郡山店  薬局長 キャラバンメイト
薬学部卒業 2002 年度入社
私のCAREER
薬局長 キャラバンメイト

奈良県・京都府南部を中心に地域密着型の調剤薬局を展開するサン薬局。門前薬局の薬局長として皆さまの健康づくりを支援する傍ら、「認知症サポーター」を養成するキャラバンメイトとして活躍。地域医療の進展に尽力しています。

13年のCAREER

  • 1年目

    調剤薬局で勤務

    研修後、処方箋応需枚数の多い王寺駅前店に配属。医療ビルの1階で複数の医療機関の処方箋をこなし経験を積む。保険や疾患の知識を習得

  • 2年目

    薬局長

    三郷店の薬局長に就任。経験を積んだ先輩薬剤師のサポート等もあり、管理マネジメントのスキルを順調に積み上げる

  • 5年目

    当薬局長として、
    法隆寺店の立ち上げを
    経験

    新店(個人医院前)の立ち上げを初めて経験。薬剤リストの選定、物品準備・配置計画など開店に関わるすべての業務を担当

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    近隣薬局の在庫を事前調査するなど、持てる知識と行動力を最大限に駆使。あらゆる事態に対応する能力を磨けました。

  • 7年目

    公立病院前の
    平松店薬局長に就任

    大規模店舗の薬局長を任される。患者さまが過ごしやすく、またリピーターとなっていただける店づくりを目指す

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    就任前に、幹部の呼びかけで大規模店の経験豊かな店長が集まる会を設けていただけ、生きた助言を運営に活かすことができました。

  • 12年目

    郡山店の薬局長。
    キャラバンメイトの
    活動開始

    2014年10月に総合病院前の郡山店に移動。同年秋より認知症サポーターを養成する「キャラバンメイト」の活動を開始

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT3

    社内スタッフや地域住民に向けた講座を開き、キャラバンメイトの経験を学会で発表。認知症理解の裾野を広げています。

自分の興味や「やりたいこと」を
実現していく

 総合病院前郡山店の薬局長としての業務に加え、昨年より新たに認知症サポーター養成講座の講師役「キャラバンメイト」を務めています。
 自分の希望が本部に届き、実現可能な会社ということでサン薬局に入社しましたが、判断はまちがいなかったですね。興味や好奇心を満たせる多くの経験を積め、それらが次の仕事、自分への力になっているように思います。
 入社5年目の法隆寺店の立ち上げはその一つです。当社では経営幹部と面接機会が年に一度設けられていますが、「新店の立ち上げを経験してみたい」と伝えていたところ、すぐに法隆寺店の新規開局に経験のない私が抜擢。まずは経験のある薬局長の下で勉強してからと考えていたので、ある意味驚きました。しかし、目標が大きいほど頑張れる性分なので、手探りながら、知識と経験を総動員して準備を進めました。開店後も、近隣ではない病院の処方が予想した以上に流れてくるなど色々な課題と向き合うことになりましたが、あらゆる事態に対応する能力がこの時期一番磨かれたように思います。

キャラバンメイトとして
地域医療にさらに貢献

 「認知症サポーター」は、高齢化で増え続ける認知症への対策として厚生労働省が始めた事業で、私はサポーターを養成する講師の役割を担っています。この活動のきっかけも幹部との会話でした。キャラバンメイトも幹部からの紹介でしたが、資格取得をしたいが、大勢の人の前で話すことが苦手と話したところ、キャラバンメイト養成講座とともに「社内講師養成講座」も紹介していただきました。この1年で数回の講座を開講、学会にも参加して活動の裾野を広げています。
 地域の皆さまの暮らしを守ることは地域密着型のサン薬局の命題でもあり、認知症の方の応援者となるメンバーを増やすことは大変意義のある取り組みと考えています。認知症についてのまわりの理解を深め、家族の方には公的な援助手段を提示するなど情報を提供。当薬局が相談の窓口となり、地域医療や在宅を支えるいい関係、地域ネットワークを構築していけたらと考えています。

プロフェッショナル、そして
オールラウンダーでありたい

 薬剤師として目指すのは、あらゆる事態に対応しアドバイスできるオールラウンダーです。薬のプロフェッショナルであるのは薬剤師なら当然。栄養や運動、政治や法律、生活全般について相談してもらえる環境を創っていきたい。
 「○○さんだったら信用できるから」と、以前大量のサプリメントを併用されている患者さまに対し、必要なものはなにか適量を計算して提示。健康器具の購入等についても相談に乗りましたが、患者さまが100人おられたら、100通りの接し方があり、提供する情報の内容も異なります。何を欲しておられるかを適正に判断して都度応えていく。来店していただけて初めて知識や情報を提供できるのですから、信頼され選んでもらえる薬局にまずなること。患者さまと接する機会を増やせないと、薬剤師としての意味がないと私は考えています。

ワクワクする仕事が
できるサン薬局

 元来好奇心旺盛で、未知なことが大好きな私にとって、サン薬局は手腕を存分にふるえる職場です。病院業務を経験したいと申し出れば病院研修制度に、また大手薬局のシステムを知りたいと伝えれば見学も叶いました。絶妙なタイミングを見計らって、成長の場を提供してもらえる。これは経営幹部との距離が近いからだと思います。モチベーションをつないでいけるのはありがたいこと。仕事に〝ワクワクする〟気持ちは13年間変わらず継続しています。
 薬大生の皆さんの前には多くの選択肢が広がっていると思います。薬剤師として何を目指したいのか、ぜひ見定めてください。そして、個々の想いを大事にして叶えようと努力してくれる会社を選んでほしいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

地域に特化した調剤薬局の特徴を生かし、薬局内での業務にとどまらず「健康イベント」などを開催したり、また認知症に関わる情報発信や相談ができる、“地域の窓口”となりたいと思います。まずは数年後を目処に、「認知症研修認定薬剤師」の取得を目指しています。

これが成功の分岐点

キャラバンメイトという新たな形で 在宅に関わる機会を得たこと

在宅には入社時から興味を持っていました。地域の医療、暮らし全般をサポートする薬局として、より良い医療環境を提供する、その動き・体制を作り出す一翼を担えたらと考えています。

現在の活躍のステージ

目標としていた「認知症研修認定薬剤師」にも合格し、「認知症キャラバンメイト」と併せて活動の幅を広げています。薬局の現場では患者様より認知症関連の相談を受けたり、在宅においてはドクターへの処方提案等に役立てたりしています。また薬局業務以外でも、学会での認知症分野の発表や、新入社員研修及び学生向けのインターンシップで認知症サポーター養成講座の講師としても尽力しています。

ページトップへ戻る