2017年取材記事
薬剤師として成長を実感。
わくわくする仕事ができます!
6年制卒 先輩薬剤師
兵庫駅店 管理薬剤師
兵庫医療大学 薬学部卒業 2013年度入社

患者さま第一の姿勢、
丁寧な接客に惹かれて入社

 進路選択時、最初は病院か薬局かで悩み、考え抜いた末に、より患者さまの近くに寄り添えるのは薬局だと判断。コクミンを選んだ理由は2つあります。まず、接客がとても丁寧な点。新商品がたくさん並ぶドラッグストアは見るだけで楽しく、実際当社店舗もよく利用していましたが、接客や説明の仕方が群を抜いていました。薬局は薬を受け取るだけの場所ではなく、患者さまの話を伺う中で薬や生活等に関わる問題点などを見つけ、一緒に改善する場でなくてはなりません。つまり、接客はお客様にとって商品と同等の価値があり、そこを重視する姿勢に心惹かれました。 
 また、患者さま第一の考え方を、会社説明会や先輩の話、実際に働く姿を通し強く感じました。地域密着の薬局・薬剤師を目指していましたので、「この会社で、この人たちと一緒に仕事がしたい!」と自然にわくわくしたのを覚えています。

ご相談を受け、在宅業務を開始
地域のお役に立つ薬局を
創っていきたい

 この気持ちは5年経った今も変わりませんね。現在、管理薬剤師として働いていますが、新しい仕事や取り組みを任されると、自分がこの会社で目指す薬剤師像にまた一歩近づける!とわくわくします。
 兵庫駅店は駅前の好立地にあり、大病院やクリニックから様々な処方せんを応需。小児から通勤の方、ご年配の方まで患者さまの年齢層も幅広い店舗です。調剤、OTCいずれの業務においても、私が心掛けているのは丁寧な服薬援助で、生活習慣に関する様々な相談も受けています。個々のニーズに合わせた服薬援助に難しさを感じる時もありますが、治療で辛いことや不安に思っていることなど心を開いて話をしてもらえた時は嬉しいですね。「○○さんだから相談したいことがある」と課題解決をお願いされることもあり、やりがいとともに信頼に応える責任を感じています。
 高齢の患者さまから「薬の管理が難しくどうしたらよいか」という相談を受け、地域在宅も開始しました。店舗スタッフとのコミュニケーションを大切にして、様々な情報を全員が共有する環境を整え、地域の皆さまに頼られお役に立てる薬局を創っていきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

地域の皆さまに信頼される薬剤師となるため、知識を増やすことはもちろん、色々な経験を通して自分の中の引出しをたくさん作りたいと思っています。大きな店舗で新たな経験を積む、また将来は出産や育児を経験して、今までとは違った目線で服薬援助をできるようになれたらいいですね。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    大きな違いは、責任の重さです。学生の間はあくまで自己責任。社会人になると自分の判断や考え方で周りや患者さまに迷惑をかけてしまうことがあり、自分のことだけでないという責任の重さを痛感します。

  • 学生時代にしておけば
    良かったこと

    学生時代に塾のアルバイトで接遇の基礎などを自然に身につけることができたので、社会人になった時に滞りなく対応できたと思っています。また趣味など、自分なりのストレス発散方法を見つけておくこともお勧めします。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    直近はもちろん5年10年後を見据え、なりたい自分を実現でき、それを想像してわくわくするかどうか。自分が患者さまの立場でその会社を利用したいと思えるかも大切です。自信を持って好きだと自慢できる会社を見つけてください。

オフタイム

同期や先輩、後輩と
よくご飯を食べに行きます。
みんなで騒がしいぐらい
喋って食べて、楽しく休日を
過ごしています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る