2017年取材記事
人事面で薬剤師を支援! より働きやすい環境を 創っていきたい。
東北カンパニー 人事総務部 人事担当
薬学部卒業 2009 年度入社
私のCAREER
人事スタッフ

東北エリアの人事・採用を担当。 一人ひとりのキャリアプランやライフスタイルをしっかりヒヤリングした上で、個々に合わせた働き方を模索し提案しています。担当した方々は今それぞれの職場で生き生きと働かれており、それを目にできることが私のやりがいです。

9年のCAREER

  • 1年目

    入社 
    調剤併設店(名取店)に配属

    当時開設2〜3年目であった調剤併設店に配属。イオンモール内クリニック(内科・歯科・眼科)、近隣の小児科や内科病院、大学病院やがんセンター等の処方箋を応需し、調剤とOTC医薬品販売、双方の業務に携わる

  • 3年目

    管理薬剤師(名取店)
    ヘルス売場全体をマネジメント

    管理薬剤師を任され、薬局運営はもちろん、OTCや漢方などヘルス売場全体のマネジメント業務を担う。名取店での処方箋応需数、OTCの販売やご相談件数なども増え、忙しい中にも充実した日々を送る。薬剤師の指導にも力を注ぎ、名取店全体でのスキルアップを目指す

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    当時は薬学部6年制への移行期で、新卒での採用が見込めず一時的なマンパワー不足になっていました。人材補強・育成に取り組む中、「現場の薬剤師を、教育や人事といった方向から支援できれば」と考え、イオンビジネススクールへの参加を決意しました。

  • 5年目

    「イオンビジネススクール」
    人事・教育・総務コースを受講

    意欲ある社員の自己実現を支援する社内研修制度を利用し、人事・教育の専門知識を習得。また、課題に対する解決策を多方向から探る訓練を積む。イオングループの様々な会社・部署の社員が集まるため、幅広い視野も養えた

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    それまでは自分の経験だけで物事を判断。目の前の課題に対しても原因を決めつけがちでした。自分とは異なる分野の方々とのグループワークを進める中で、もっと違う多様な視点から物事を考える大切さを学べました!

  • 8年目

    東北カンパニー人事総務部へ異動
    薬剤師の人事・採用を担当

    薬剤師の採用や配属等の人事、教育面で薬剤師を支援したいという希望が叶えられ、人事総務部に配属。優秀な人材の採用に取り組み、薬剤師がマンパワー不足等に悩むことなく、業務に集中できる環境づくりに尽力する

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT3

    念願だった仕事に就き、他エリアの採用担当の協力も仰ぎながら、担当する東北エリア独自の取り組みをスタートさせるなど、積極的にチャレンジしています。待ちの姿勢ではなく「攻め」の採用活動を目指し、今後もWEBを活用した採用や教育支援など、情報発信力の強化や環境整備にさらに注力していきます。

東北6県の人事を担当

 現在、人事スタッフとして、東北エリアを担当。なかでも薬剤師の人事・採用を主に担当しています。一人ひとりの目標やキャリアアップについての考えなどをお聞きし、私自身が薬剤師として歩んできた経験や視点を活かしながら、育児や介護など現状の生活と仕事を両立できる様々な働き方を提案。また、目指すキャリアを実現するための支援制度が充実していることは当社のメリットですので、キャリアアップのためのアドバイスもしています。
 人事においては、個々の希望や条件を尊重しながら、適材適所へ人材を配置することが重要と考えています。人事スタッフになって1年が経ち、私が担当した方々が各店舗で活躍されている姿を目にするとやはり嬉しいですね。私のモチベーションにもなっています。
 調剤併設店がますます拡大していく中、これからの地域医療を担う多くの優秀な人材を採用し、地域の皆さまのよりお役に立てるイオン薬局を創っていきたいと思います。

ビジネススクールで、
課題の様々な解決法を見つける

 採用や教育に係る仕事がしたいと思い始めたのは、名取店で管理薬剤師として働いていた頃です。お客さまの数や処方箋枚数が増え、忙しくなる時期に、薬学部の6年制移行が重なり、一時的なマンパワー不足に陥りました。この悩みは名取店だけではなく、イオンの他店も同じではないかと感じていました。
 店舗の一薬剤師という当時の私の立場では、薬剤師数を増やすことはすぐにできることではありません。「今私ができる最善策は、現場にいる薬剤師一人ひとりのスキルを上げることだ」と考え、管理薬剤師として、部下の指導にますます力を注ぐようになりました。さらに、「教育・職場環境の面から薬剤師を支える仕事がしたい」との思いで、当社独自の研修システム「イオンビジネススクール」に自ら志願しました。
 各分野の専門スキルを培うコースが揃う中から、私は「人事・教育・総務コース」を受講。東京での集合研修に約1年通い、人事・教育に関する専門知識を習得しました。ある問題点に対して、「なぜそうなるのか」ブレーンストーミングを通して原因を深堀し様々な解決法を見出す、ここで身に付けた手法は以後の業務でも大いに役立っています。
 私が受講した時は、イオングループ各社から約60名の社員が参加。様々な職種や経験を積まれた方と意見を交わす中で、これまで全く気付かなかった発想や視点を得ることができました。最終日には、部下の教育をテーマに「中途採用者教育マニュアル」を作成して講師や他の受講生の前でプレゼンテーションを行いました。人事スタッフとなった現在、このマニュアルを最新版にバージョンアップして、担当エリアの店舗に発信しています。

相手や周りの人を
思いやる心が大切

 採用で心掛けているのは、対応のスピードはもちろんですが、応募者と直接向き合うこと。深いお話ができてこそ、一人ひとりの気持ちに添ったきめ細かな対応ができます。店舗内の調剤室にもご案内し雰囲気を確かめていただき、応需する処方箋の種類、医療機関、備蓄薬剤なども詳しく伝えています。「入社前に詳しく説明してもらったので、入社後のギャップも少なく、安心して働けています」「生活と仕事を両立させる制度が充実しているので、イオンに入社して本当によかった!」そういった声をいただけるのは、大変嬉しいことです。
 相手の立場で考えることは、全ての業務に通じる大切なことです。イオン薬局で働く薬剤師の皆さんには、お客さまはもちろん一緒に働くスタッフに対しても、周りの人を思いやる気持ちを常にもって業務に臨んでほしいと思っています。

薬剤師本来の業務に
集中できる環境を

 目標とする「薬剤師が働きやすい環境」を作るため、新たな取り組みも始めました。
 教育面では、薬剤師のスキルアップを目的とした講座を他部署と協力して開催しています。7月のレセコン(医療事務)教育では、今後学びたい項目についてのアンケートも取りましたので、次の講座に向けての準備も進めていきます。また、採用面では、これからは「待ち」でなく「攻め」の姿勢で、積極的に情報を発信していく採用活動を計画しています。5月に開設した東北エリアに特化した薬剤師採用ホームページはその一つです。既に多くの反応があり、エリアオリジナルの情報をさらに充実させていきます。スマホ等からも気軽に情報を取りやすくするため、今後の新店チラシには薬剤師募集のQRコードを添付。フリーペーパーの活用も考えていきたいですね。 
 当社は横のつながりが強く、他エリアの採用担当の方々に相談できるのも良いところ。様々な関連会社との折衝の仕方、広告作成のポイントなどのアドバイスをもらって、私の担当エリアに反映しています。今後も薬剤師が薬剤師本来の専門業務にさらに集中できるように環境を創っていきたいと考えています。
 私がイオンを選んだのは、調剤・OTCなどのスキルや専門性を高められることはもちろん、新規事業やバイヤー、商品開発、薬事担当※など様々な職種や業務を経験できるところに魅力を感じたからです。今、人事・採用という新たなフィールドで仕事をさせていただき、私の選択は正しかったと思います。また、自分の可能性が拡がるこの会社と出会えたのも、視野を広げて就職活動を行ったおかげと思っています。後輩の皆さんも、始めから職種を決めつけずに、先生や就活中に出会う採用担当者、先輩社員などからたくさんの話を聞いて、色々な情報を手にした上で悩んでいただければと思います。
※調剤に関することをエリアで統括する業務

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

●人事スタッフとして、地域の皆さまから信頼されるイオンの薬剤師を育成。また、多くの薬剤師が職能を発揮できる環境を創っていきたいと思います。
●プライベートでは昨年結婚。今後、出産・子育て等ライフイベントがあると思いますが、育児休職や育児勤務等の制度を利用して、仕事とプライベートを両立できる女性を目指したいです。

入社を決めた理由

薬局内での仕事だけではなく、 あらゆる仕事が経験でき、自分の可能性が広がる会社!

調剤やOTCのスキルを深めスペシャリストとして活躍することはもちろん、売場マネジメント、商品開発やバイヤーなど、薬剤師資格を活かし多彩なキャリアを築けるところに惹かれ、入社を決意。マネジメントや経営に係る様々な経験や知識を得られることは、特に魅力に感じました。

これが成功の分岐点

イオンビジネススクールで 学んだ“考え方”の 手法は、全ての業務に 応用できる!

例えば「伸び悩んでいる社員がいる」という課題に対して、上司の指導の問題なのか、本人の心構え、会社の体制に因るものなのか等、原因を全て抽出し、真の理由を突詰め、意見を出し合いながら最善の解決策を探りました。ここで学んだ実践的な“考え方”の手法は、全ての業務に応用でき非常に有益でした。

私なりの仕事の心掛け

一人ひとりに向き合い 相手の思いを汲み取る

なぜイオンで働きたいのか、薬剤師としてどんな夢やキャリアプランを描いているのか。じっくりとお話をし、それぞれの思いや考えを汲み取るよう心掛けています。また、イオンにはその方に合った様々な働き方や目標に近づく支援制度があることをしっかりとお伝えしています。

オフタイム

休日は夫とプチ旅行を楽しんでいます。1泊2日で東北以外の場所へ小旅行をしたり、日帰りで東北内を回っています。写真は宮城県大河原の桜です。
出先で美味しいものを食べてリフレッシュ。見た目もかわいいデザートだと気分もあがります。お台場のハワイアンパンケーキはその一つ。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る