2016年取材記事
心から安心して信頼していただける
身近な薬剤師を目指していきたい。
6年制卒 先輩薬剤師
フタツカ薬局 土山店
大阪大谷大学 薬学部卒業 2014年度入社

調剤から在宅、OTC販売まで
いろんなことが経験できる
環境に惹かれて入社

 フタツカ薬局グループでは、調剤・在宅・OTC販売の全てに力を入れており、グループ全体で様々なタイプの薬局を62店舗展開しています。こうした選択肢の広さから、就職活動当時、まだ薬剤師としての方向性が定まっていなかった私は、「ここなら、働きながら本当にやりたいことを考えていける」と感じ、入社を決めました。
 勤務する店舗は、住宅地の内科・小児科医院の門前薬局で、患者さまの年齢層が幅広いのが特徴です。調剤業務では飲み合わせの確認や残薬調整などに気を配り、服薬指導では患者さま一人ひとりの不安や疑問を解決できる説明やアドバイスを心がけています。
 耳の不自由な患者さまに、店舗の方針で行っている簡単な手話を使ってコミュニケーションをとったときのこと。笑顔で感謝の言葉をいただき、大変うれしかったのと同時に、患者さまの気持ちに寄り添う対応の大切さを学んだ貴重な体験になりました。
 色々な感じ方・考え方の患者さまがいらっしゃることを常に念頭に置きながら、患者さまが話しやすい口調や言葉遣いで接し、頼りにしていただける薬剤師をこれからも目指していきたいと考えています。

プロの薬剤師であるという
自覚を持つ機会の多さが励みに

 フタツカ薬局には「すべての行動はお客さまのためにあります」というクレドがあり、朝礼で唱和し、いい笑顔ができるよう表情筋の体操もしています。こうした取り組みを通じて、「私たち薬剤師は、患者さまのためにあるプロなのだ」という自覚を持つ機会が多いことが、いつも励みになっています。
 また、当社には、「スマイルカード」という仕組みがあります。ありがとうという気持ちが手書きされたカードで、スタッフ間で手渡すことで気持ちを伝え、つながりを深めることができます。最初にカードをもらったのは就職活動でお会いした時でしたが、「1枚のカードでこんなにうれしい気持ちになるのか」と感じたことも、入社の決め手にもなりました。
 店舗では地域の小中学生に薬剤師の仕事を知ってもらう活動として、職業体験を受け入れています。また、私自身は学生の就職をサポートするプロジェクトメンバーになるなど、薬局業務以外にも様々な仕事が経験でき、視野を広げることができるのも、当社で働く大きな魅力だと感じています。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

患者さまに近く、親しみが持てる存在として、頼りにしていただける薬剤師であり続けたいですね。まだ知識・経験不足から自信が持てない部分もあるため、日々の業務を通じて経験値を上げ、一歩ずつ理想に近づいていきたいです。プライベートでは、結婚して温かい家庭が築けたらなと思っています。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    一番違うのは、責任の重さではないでしょうか。社会人になってからも、先輩・上司から指導やフォローはしてもらえますが、自分の言動がもたらす責任の重さ・大きさは学生時代に比べると大きくなったと思います。

  • 学生時代にしておけば
    良かったこと

    自分のために使える時間がたっぷりある学生時代のうちに、遠くへ旅行をして、いろんな経験をしておけば良かったと思います。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    周囲が就活モードになり、卒業研究、国家試験対策とやるべきことも多くなってくると、焦りや不安が大きくなってくると思いますが、周囲の様子が気になっても自分自身が納得し、最後には笑えるよう、後悔しないことを一番大切にしてください!

オフタイム

学生時代の友人や会社の同期と会って、
食事をしたり、おしゃべりしたりすることが、
オフの楽しみの一つです。自宅で過ごすときは、
インターネットで好きなアーティストの動画を見て
気分転換しています。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る