2014年取材記事
在宅医療に携わるのが目標。
専門力を強化していきたいです。
6年制卒 先輩薬剤師
アイン薬局あべのハルカス店
大阪薬科大学 薬学部卒業 2014年度入社

日本最大級の医療モール
その調剤薬局で
知識と経験を積み上げる

 小さい頃から、薬局に来られる地域の方が薬剤師である母親の言葉で笑顔になる姿を見てきて、「患者さまにより身近な調剤薬局で働きたい」と思いました。アイングループを選んだのは、多くの門前薬局を持ち、他店舗への応援研修等も充実し多様な経験ができると考えたからです。
 配属先は、先端予防医療センターほか13の診療科の外来(薬物)治療を担うあべのハルカス店。鑑査、調剤、服薬指導と、先輩の指導を受けながら業務に当たっています。扱う薬の種類・品目数が多く、勉強することは山ほどありますが、専門力を磨くには格好の環境と思っています。薬剤師となって数カ月、患者さまの質問に上手く答えられないことも時にあります。そんな場合は、次回はしっかり答えられるよう情報を収集して知識を補強しています。自分の言葉で自信をもって説明することで、患者さまの不安も解消されると実感。「よくわかったわ」と笑顔で帰っていただけるのは嬉しいですね。やりがいを感じる瞬間です。

トータルで健康を提案
できる力をつけたい

 しかし、まだまだ力不足。頼りにしていただける「かかりつけ薬剤師」となるには、薬の知識だけでなく、疾患についてもよく知り、食生活や運動面を含めトータルで健康を提案できる力が必要です。また、会話の中で患者さまは何が言いたいのか想いを汲み取り、的確な言葉で伝えられるコミュニケーションスキルも上げていかなければなりません。
 薬剤師としての土台を一日も早く作る。その上で、入社前から目標としている「在宅医療」に関わっていきたいと考えています。医師、看護師、ケアマネジャー等と連携して、地域のお年寄りの健康の支え、生活の助けとなりたいです。また様々なスタッフと関わることで視野を広げ、医療人として成長していきたいと思います。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

直近の目標は、一人前の「かかりつけ薬剤師」になること。3年ぐらいを目処に叶えたいです。そして、在宅医療に携わっていきたい。在宅を目指すきっかけは、大学時代の訪問介護ヘルパーのアルバイトでした。大変なことも多いですが、もともとお年寄りが好きで、お世話をする中で、健康や生活の助けになりたいという思いを強くしました。重度訪問介護の資格も取得。みなさんから信頼される、薬物治療のプロフェッショナルを目指して、頑張ります!

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    学生の実務実習は薬を「取り揃える」といったものでした。現在の調剤や鑑査等の業務は健康に直結し、言葉や行動にも責任が伴います。また賃金をいただき仕事をしているわけで、時間を最大限有効に使って、会社に貢献できるよう意識しています。

  • 学生時代にしておけば
    よかったこと

    実践力が期待されているのが6年制薬学生です。卒業後すぐ現場で働くことをもっと意識して実務実習に臨んでおくべきでした。また学生時代に多くの本を読んでください。服薬指導でボキャブラリー(語彙力)の大切さを痛感しています。

  • キャリア(職場)選択の
    アドバイス

    自分が一番やりたいこと、譲れないことを一つ決めてください。私は在宅医療でしたので、医師との強い信頼関係・つながりを持つ門前薬局が多い当社を志望。また、楽しく仕事ができるのもポイントで、店舗見学や先輩から社風も確認しました。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る