2016年取材記事
「薬局でまず相談してみよう」と
地域の皆さまに頼られる薬剤師に!
6年制卒 先輩薬剤師
アイン薬局 香里園店
大阪薬科大学 薬学部卒業 2016年度入社

集合研修+実践的指導で、
薬剤師として着実に成長できる

 大学病院前の香里園店に配属され数カ月。様々な診療科の処方箋調剤、服薬指導に取り組んでいます。薬のことについて質問にお答えし、解決できた時の患者さまの安心した表情や笑顔に接する瞬間は、やりがいを感じますね。心掛けているのは「なぜそうなのか」を納得していただくこと。お腹が痛くなるのは副作用なのか?服用後に横になっていけないのはなぜか?等多岐にわたりますが、不安や疑問は患者さまによって異なります。一人ひとりに合わせ、適切な言葉を選び、持てる知識をかみくだいてお伝えする。難しいことですが、先輩方の受け答えを参考にしながら自分のものにしていきたいと思っています。
 研修の充実はアイングループを選んだ大きな理由ですが、日々成長できる環境だと改めて感じています。北海道での集合研修に加え、薬局では、国家試験勉強だけでは学べなかった実践的な知識を養うことができます。指導してくださるOJTトレーナーは、私の成長度合いに合わせ、次のステップに取り組む機会を与えてくださいます。今取り組んでいるのは、体重等にあわせ量を計算・調製する小児の粉薬・シロップの調剤です。次はこの処方と、一つずつ目標をクリアしていく中で知識と技術を身につけていけます。

教わったこと、手本としたいこと
「MYノート」を作って確認

 患者さまにとっての私は、新人ではなく一人の薬剤師。その責任を果たさなければと強く思います。「上手く想いを感じ取れていないな」と思うことも現状あるので、知識とともに、感性やコミュニケーション力も養っていきたいです。先輩のフォローを受けた部分があれば、次は自分一人で対応できるよう努力。そのための「MYノート」も作りました。迷ったこと、教わったこと、手本としたいこと。現場で習得した事柄を、業務後や週末を利用して書きためています。
 私は自宅から通える勤務コースを選択しましたが、店舗数が多いため、エリア内でも様々な薬局を経験できるのがアイングループのメリット。多様な処方に触れ学んでいきたいと思っています。そして在宅医療にも関わりたいと、将来的な希望も薬局長に伝えています。「病院に行く前にあの薬局、薬剤師に相談してみよう」。地域の皆さまのそんな存在となれるよう、自分を磨いていきたいです。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

1から10すべての業務を一人前にこなせるようになることが直近の目標です。また「OJTトレーナー」となり、私が先輩方に教えていただいたことを、後輩たちに伝えていきたいです。知識と経験をこれから積み重ねて、将来的には在宅での服薬指導など、地域医療に貢献できる薬剤師を目指したいと思っています。

ADVICE

学生の皆さんへアドバイス

  • 社会人と学生の
    違い

    自分の行動、言動などに責任を持たなければいけません。そのため、体調やスケジュール管理をしっかりとする必要があります。万全の体調で仕事に臨めるよう、社会人となってからは休日の時間の過ごし方も変化しました。

  • 学生時代にしておけば
    良かったこと

    今振りかえると、学生時代は忙しい中にも時間はありました。「手話検定」等現在の仕事に直接関係はないですが、資格も取得しておけばよかったと思います。旅行や趣味づくりも、人間的な幅を広げることになると思うので、どんどん行動を起こしてください。

  • キャリア選択の
    アドバイス

    どういう流れで服薬指導が行われているか、薬局全体の雰囲気はどうか。店舗見学に行き、話を聞き、実際に確かめることが大切。整理整頓の状態なども業務姿勢が現れるため要チェック。マニュアル等が整備され断トツで良かったのが当社です。

オフタイム

休日は外に出てリフレッシュ!
GWには大学時代の友人と
愛媛に行き、しまなみ海道で
サイクリングを楽しみました。

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る