2016年取材記事
スタッフの目標、 そして道しるべとなる 存在でありたいと思います。
兵庫エリア第1ブロック ブロック長 兼 アイン薬局 尼崎店薬局長
薬学部卒業 2004 年度入社
私のCAREER
ブロック長

今年4月にブロック長に就任。アイン薬局 尼崎店の薬局長と兼任しながら、兵庫エリア5店舗の 運営管理、施策の立案、人材育成等を担っています。スタッフが気持ちよく働ける環境を整え、 一人ひとりが着実に成長できるよう支援。スタッフの目標となれるブロック長を目指します。

13年のCAREER

  • 1年目

    アイン薬局の1号店
    豊岡店(旭川市)に配属

    北海道・旭川市で第一歩を踏み出す。初めての一人暮らし、社会人として働く緊張もあったが、同期社員に囲まれ楽しく仕事に取り組む

  • 2年目

    新入社員の
    OJTトレーナーに任命

    調剤業務を行う傍ら、新入社員の教育に携わる。個性も成長のスピードも違う新人2人の教育を通し様々なことを感じ発見、自分も成長できた

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT1

    「人を指導する難しさ」「人を育てる喜びとやりがい」をこの時初めて体験。薬局長となり、ブロック長となった今も生かされています。

  • 4年目~

    Uターン制度で関西へ
    大型店舗・宇治店で働く

    様々な処方箋を取り扱う大型店(当時年中無休)で、様々な年代の薬剤師から多くのことを学ぶ。透析患者さまの服薬指導も初めて経験

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT2

    スタッフみんな仲がよく、私が中心となり、業務改善の発案やルール化等をどんどん進めました。やりたいことができる会社だとこの時実感しました。

  • 7年目

    吹田店へ異動
    新人・中途入社社員を指導

    総合病院前の店舗へ移り、2回目のOJTトレーナーを務める。また、自ら手をあげて、アイン薬局のシステムに不慣れな中途入社の薬剤師を指導

  • 8年目~

    尼崎店で薬局長に

    労災病院前の尼崎店の薬局長に就任。スタッフの意見を吸い上げながら、居心地の良い「患者さまに選ばれる」薬局づくりを進める

    POINTを見る
    閉じる
    ここがPOINT3

    「薬局長になります!」新入社員の時に宣言した目標を達成。薬局運営と同時に、アイン薬局のこれからを担う人材育成に力を注いでいます。

  • 13年目~

    ブロック長に就任

    兵庫エリアの5店舗を取りまとめるブロック長に就任。店舗スタッフとのコミュニケーションを図りつつ薬局運営をサポートする

なんでも相談。気持ちよく
働いてもらえる環境を作る

 数カ月前に就任したばかり、まだまだ新人のブロック長です。尼崎店の薬局長と兼任しながら、兵庫エリアの5店舗を取りまとめています。直近の目標は、各店舗のスタッフとのコミュニケーションを深め、何でも相談できる身近な存在として認識してもらうこと。そのため、月1回以上は各店舗に出向き、会話する機会をできるだけ多く持ち問題点の聞き取りなどを行っています。スタッフの個性や仕事へのモチベーション、会社に対する思いなど、知らなかった一面も色々見えてきましたね。
 すべてのスタッフに毎日気持ちよく働いてもらえる環境・雰囲気を作る。これはブロック長たる私の大切な役割と考えています。仕事上の悩みやストレスもそれぞれにあるでしょう。それを抱え込まず、言葉にするだけで気持ちは軽くなり、仕事にも集中できます。だから気軽に相談し、意見が言える雰囲気を作っていきたいと思っています。最近では、店舗に顔を出すとスタッフの方から声をかけてくれることが増え、嬉しく思っています。
 店舗内のコミュニケーションが円滑であれば、患者さまとのコミュニケーションもより満足していただけるものとなります。スタッフが居心地のいい店舗は、そのまま患者さまにとっても居心地のいい薬局となるはずです。

全員のベクトルを合わせ、
アイン薬局を進化させていく

 ブロック長は、売上等の数値管理、目標達成のための施策の立案等、店舗運営に関わる全責任を担っています。「待ち時間を減らす」をはじめとした接遇・経営に関する当期目標をクリアする取り組みも進めていかなければなりません。
 担当店舗は規模や地域特性も異なり、課題はまちまちです。打開策を見出せない店舗があれば、薬局長会議等を通し参考となる他店舗の成功事例を示す等、これまでの経験をもとにアドバイスを行っています。また、店舗の局内ミーティングに参加し、「選んでもらえる薬局にするにはどうするか」具体的な業務に落とし込んで意見を交換しています。若いスタッフからも積極的に意見が出て、こちらが逆に気づかされることも多く、頼もしく感じています。
 アイングループは進化を続ける会社です。現状に満足せず、常に問題点を見出して課題を乗り越えて成長しています。現場のトップであると同時に、会社の方針を店舗のスタッフに伝え周知させることも、ブロック長の重要な任務です。方針や施策の十分な理解を促し、全スタッフが同じ方向に向かえるよう、私自身が〝道しるべ〟とならなければと思っています。

成長をストップさせない
困った時に方向性を示す

 アイングループの成長はスタッフの成長と共にあります。会社の未来を担う人材を育てることは、非常にやりがいのある仕事と捉えています。私もこれまでに新人のOJTトレーナーを2回経験させていただきました。「私がやります!」と、中途採用の薬剤師の指導をかってでたこともあります。人を育てる難しさ、喜びを身を持って体験し、そこで学べた自分なりのノウハウを今に生かしています。
 心がけているのは、スタッフから出た意見はどんなことも否定せず必ず耳を傾けるということ。10人いれば10通りの個性、意見があるのは当然で、意見には理由があるからです。「とりあえずやってみようか?」と全員に投げかけ、判断しています。すぐ否定するようでは誰も意見を出さなくなりますし、各自の成長を止めることにもなります。意見交換をしてとことん話し合ってこそ店舗としての成長があるのですから、意見を言いやすい雰囲気を作ることが重要です。店舗では今ほぼ毎日意見が上がってきます。とてもありがたいことです。
 また、「これをやりなさい」といった一方的な指示や強制は一切ありません。成長の機会となる〝考える〟行程をつぶしたくないからです。自分で一生懸命考え、それでも答えを見出せない、そんな時にできる限りのサポートをしたいと思っています。つまり陰ながら支えるというスタンス。スタッフ一人ひとり、そして店舗が成長を続けるには大切なことと考えています。
 「薬局長をやってみたい!」「ブロック長をやってみたい!」というスタッフを一人でも多く育てていきたいですね。目標としてもらえる存在になれるかは、私の毎日の仕事ぶりにつきると思いますので、日々身が引き締まる思いで業務にあたっています。

「絶対にここで働きたい!」と
思える会社を見つけて欲しい

 これをやりたいと言えばやりたいことを後押しくれるのが、アイングループの良さです。患者さま・お客さま満足を向上させる発案、店舗内作業を効率化する大がかりなレイアウト変更、これまでに様々な提案を投げかけてきましたが、どれも「やってみなさい」と提案が否定されることはなくサポートも十分にありました。12年を経て、会社への信頼はますます強くなっているように思います。
 就職する会社を選ぶことは人生の中でも大きな決断の一つです。悩み迷うこともあるでしょう。多くの会社の説明会・店舗見学に行き、実際に働く社員の声を聞き、会社への思いに触れ、皆さんには「絶対にここで働きたい!」と思える会社を見つけて欲しいと思います。私は、生き生きと働く社員の姿や調剤過誤防止のシステムなど他社とは一線を画した体制に感銘をうけ入社を決めました。「この会社なら安心して長く働ける」「将来、絶対1位になる会社だ!」と直感しましたが、そのとおりでしたね。社員が生き生きと働いている職場は、社員が幸せを感じている会社ということ。アイングループの薬局に来ていただければ、そんなスタッフにきっと出会えるはずです。

TO MY FUTURE

Myタイムカプセル

5・10年後の私

現場のトップとしてアイン薬局を進化させるために必要な施策を発案し、皆と一緒に取り組むこと。また、将来薬局長・ブロック長を目指したいというスタッフを一人でも多く育てていくことが今後の目標です。身近な相談役となり、成長をきめ細かにサポートしていくことで実現したいと思います。機会があれば研修業務などにも携わってみたいですね。

新人時代の心に残る出来事

同期と一緒に頑張ることで、 楽しく過ごせた北海道での2年間

切磋琢磨し合える同期がたくさんいるのがアイングループ。最初の豊岡店は、初めて社会へ出て働くこと、一人暮らしの不安もありましたが、旭川エリアに6人が配属され心強かったです。悩み等も相談しながら、楽しく頑張ることができました。

私流自分の磨き方

スタッフの目標となるよう 常に意識し、行動で示す

目標としてもらえる存在になれるかは、私自身の日々の仕事ぶりを見ていただくことだと考えています。仕事に臨む一挙一動、患者さまやお客さまへの接し方、指導の仕方、すべてで手本となれるよう意識。気持ちを引き締め、どんなこともベストを尽くすよう心掛けています。

これが成功の秘訣

「一生懸命」は、相手に伝わり 相乗効果がある

薬局長になるまでに2回のOJTトレーナーを経験。後輩指導は思いどおりにいかないこともありましたが、相手の気持ちに寄り添って一生懸命に接していれば、必ず相手も一生懸命答えてくれるとわかり自信が持てました。

オフタイム

とにかくディズニーが大好きです!!月に1回ペースで行った年もありました。職場の仲良しメンバーでも定期的に遊びに行っています。
ミッキーの顔を見ていると自然と笑顔になってしまいますね。私にとっては最高の癒やしの時間です!!

その他の先輩社員を見る

ページトップへ戻る