様々なキャリア~目標とする働き方~

阪神調剤ホールディンググループ【(株)阪神調剤薬局 ほか】

業種・職種 保険(調剤)薬局
2018年取材記事
チームとして親身かつ専門性の高いサービス提供を目指して。
私のCAREER 店長 兼 管理薬剤師
キャリアの軌跡と今後

多様なキャリアパスに 魅力を感じて入社

 実務実習を通じて、薬局薬剤師は地域の人たちにとって薬のことだけでなく、健康に関するさまざまなことを相談できる、とても身近な存在なのだと知り、志望するようになりました。阪神調剤ホールディングは薬剤師としての専門性を高めていくほかにも、マネジメントや商品開発に参加したりと、一人ひとりのキャリアデザインを可能にする多様なキャリアパスがあり、それが具体的に明示されていることに魅力を感じました。採用担当者が真摯に対応してくれ、他社の情報なども公平に提供してくれ、「自分の意志を尊重してくれている」と感じたことも、入社の決め手になりました。  入社後は、3週間の本社研修を受けてから2週間の現場OJT研修、そして再び本社研修というように、本社研修と現場研修を交互に繰り返していきました。最初に知識を詰め込んでから現場に出るという形式ではなく、まず調剤の基礎を徹底し、それから実際の服薬指導というように段階を踏んで、座学と実践を行うことで理解も進みました。違う現場を経験した同期と情報交換をすることも楽しく、知識の幅も広がり、また一体感も高まりました。同期とはその後も悩みを相談したり、仕事の進め方のアドバイスをもらったり、時には一緒にバーベキューをしたり…。店舗や職能を超えて、一緒に働く心強い仲間ができたのは大きな財産ですね。

全体表示
2017年取材記事
薬剤師の職能を活かして さまざまなステージで活躍したい。
私のCAREER 人材開発部
キャリアの軌跡と今後

薬剤師としての職能を現場で 磨きたいとCROから保険薬局へ

 薬学研究科修了後、「創薬につながる仕事がしたい」という思いから、複数企業の多様な薬を扱うことができるCRO(医薬品開発業務受託機関)に入社。データマネジメント職として、治験データのカギとなるデータの整理・分析を担当。新人時代にデータの厳正な取り扱い方を学べたことは、大きな財産となりました。  一方、「せっかく薬剤師免許を取得したのだから、資格を活かして患者さんと接する現場で働いてみたい」という気持ちが大きくなり、保険薬局への転職を決意。当時は地域密着で事業を展開していることや、新店舗の立ち上げに携わるチャンスがあることにこだわって、転職先を選定しました。  新店舗の立ち上げに携わったほか、店長・管理薬剤師も務め、約3年の間にほとんどの診療科の処方箋を扱うなど、一通りの経験を積み、自信を付けることができました。

全体表示
2017年取材記事
成長機会を逃さず、全力でチャレンジし 総合的な医療を提供できる薬剤師へ。
私のCAREER 6年制卒
6年制卒 先輩薬剤師

着実にスキルアップできる 活躍ステージを用意してくれる

 患者さんの生活に近いところで、より密接に関わりたいと、保険薬局に絞って就職活動を展開。若いうちに多様な経験を積めるようなところを探す中で、キャリアパスがきちんと整備され、人とのつながりを大切にする社風がある阪神調剤ホールディングへの入社を決めました。  入社して実感したのは、新人の意見にもしっかり耳を傾け、やりたいことを尊重し、成長できる環境を用意してくれること。研修プログラムも充実しており、店舗やエリア単位での勉強会や、本社で毎週のように開催される勉強会・セミナーにも積極的に参加。店舗を超えた交流も深まり、全国で働く経験豊かな薬剤師からのアドバイスももらえ、幅広い知識を吸収することができました。おかげで自分の引き出しも増え、それまで少し苦手だった服薬指導にも自信が持てるようになってきました。  2年目からは小規模店舗で管理薬剤師として勤務。当社でも最速といえるタイミングで、自分で務まるのか不安もありましたが、「意欲を認めてせっかく声をかけてくれたのだから、成長のチャンスと前向きにとらえてがんばろう」と決意。管理者として薬剤管理や週報による業務報告など、新たにマネジメント領域での経験を積むことができ、大きな財産となりました。また同年に米国研修にも参加し、薬剤師の地位の高さや知識の広さに衝撃を受け、さらなる精進を心に誓いました。

全体表示

ページトップへ戻る