様々なキャリア~目標とする働き方~

アイングループ

業種・職種 保険(調剤)薬局
2016年取材記事
スタッフの目標、 そして道しるべとなる 存在でありたいと思います。
私のCAREER ブロック長
キャリアの軌跡と今後

なんでも相談。気持ちよく 働いてもらえる環境を作る

 数カ月前に就任したばかり、まだまだ新人のブロック長です。尼崎店の薬局長と兼任しながら、兵庫エリアの5店舗を取りまとめています。直近の目標は、各店舗のスタッフとのコミュニケーションを深め、何でも相談できる身近な存在として認識してもらうこと。そのため、月1回以上は各店舗に出向き、会話する機会をできるだけ多く持ち問題点の聞き取りなどを行っています。スタッフの個性や仕事へのモチベーション、会社に対する思いなど、知らなかった一面も色々見えてきましたね。  すべてのスタッフに毎日気持ちよく働いてもらえる環境・雰囲気を作る。これはブロック長たる私の大切な役割と考えています。仕事上の悩みやストレスもそれぞれにあるでしょう。それを抱え込まず、言葉にするだけで気持ちは軽くなり、仕事にも集中できます。だから気軽に相談し、意見が言える雰囲気を作っていきたいと思っています。最近では、店舗に顔を出すとスタッフの方から声をかけてくれることが増え、嬉しく思っています。  店舗内のコミュニケーションが円滑であれば、患者さまとのコミュニケーションもより満足していただけるものとなります。スタッフが居心地のいい店舗は、そのまま患者さまにとっても居心地のいい薬局となるはずです。

全体表示
2015年取材記事
スタッフの応援団長に! 薬剤師の地位向上にも 取り組んでいきたいです。
私のCAREER ブロック長
キャリアの軌跡と今後

常に「やってみよう!」の精神

 ブロック長に2年前に就任し、薬局長を兼務しながら名古屋エリア5つの店舗を束ねています。この15年で調剤薬剤師、病院薬剤師、ドラッグストア薬剤師、薬局長、ブロック長と職場も立場も変わりましたが、どの異動や変化も、「やってみよう!」「言っていただけるうちが花」と、常に前向きに捉え仕事に臨んできました。実際、すべてが自身の糧となり薬剤師としての成長につながっています。  2年目の配属先である、さこう店は調剤薬剤師の土台を作れた店舗です。門前の新店舗で若いスタッフも多く、最初はあたふたすることもありましたが、自ら勉強会を開くなどして実践的なスキルを身に付けました。また、患者さまのためになるのであれば、新人でも臆せず、医師に処方相談を投げかけるなど行動してきましたね。患者さまの立場から考えるという、薬剤師として大切なことも体得できた店舗です。  この間に研修生として胃腸科専門病院への研修にも参加しました。約半年の研修の中で病院業務のシステムや流れを知ることができました。当時大学の病院実習は2週間しかありませんでしたので、病院薬剤部の業務範疇、医師や看護師との関わり方などを確認できたことは、後の疑義照会時などでも役立っています。

全体表示
2014年取材記事
もっと、社会に貢献。 薬剤師の地位向上に 取り組んで行きたい。
私のCAREER ブロック長
キャリアの軌跡と今後

より患者さまのお役にたてる 薬局となるにはどうすればいいか

 尾張・岐阜ブロックのブロック長として8店舗を管轄、こまき店の薬局長を兼務しながらとびまわっています。薬局を今よりよいものにするにはどうするか。患者さまや医療関係者のニーズにより近づけるか。店舗単位、地域単位で、特性に応じたエリア戦略・施策を考え検討し実行に移しています。  とはいえ、管轄する範囲が広いので、自分一人の力で何から何までこなせるものではありません。当然周囲と協力しながらやっていくことになりますが、「人の心を動かす」ことの難しさを痛感しています。決めたことを行ってくださいという指示・強要では人は動きません。取り組みの主旨を真に理解し、当事者がやってみよう、挑戦したいと思い、自主的に動いてもらえるものでなければ、よりよい薬局づくりにはつながっていきません。ブロック長とは、施策を実践に移すため、当事者と意識統一を図り、推進させるサポートを行うポジションでもあると考えています。

全体表示
2016年取材記事
「薬局でまず相談してみよう」と 地域の皆さまに頼られる薬剤師に!
私のCAREER 6年制卒
6年制卒 先輩薬剤師

集合研修+実践的指導で、 薬剤師として着実に成長できる

 大学病院前の香里園店に配属され数カ月。様々な診療科の処方箋調剤、服薬指導に取り組んでいます。薬のことについて質問にお答えし、解決できた時の患者さまの安心した表情や笑顔に接する瞬間は、やりがいを感じますね。心掛けているのは「なぜそうなのか」を納得していただくこと。お腹が痛くなるのは副作用なのか?服用後に横になっていけないのはなぜか?等多岐にわたりますが、不安や疑問は患者さまによって異なります。一人ひとりに合わせ、適切な言葉を選び、持てる知識をかみくだいてお伝えする。難しいことですが、先輩方の受け答えを参考にしながら自分のものにしていきたいと思っています。  研修の充実はアイングループを選んだ大きな理由ですが、日々成長できる環境だと改めて感じています。北海道での集合研修に加え、薬局では、国家試験勉強だけでは学べなかった実践的な知識を養うことができます。指導してくださるOJTトレーナーは、私の成長度合いに合わせ、次のステップに取り組む機会を与えてくださいます。今取り組んでいるのは、体重等にあわせ量を計算・調製する小児の粉薬・シロップの調剤です。次はこの処方と、一つずつ目標をクリアしていく中で知識と技術を身につけていけます。

全体表示
2015年取材記事
コミュニケーションで患者さまの思いに 触れることができる薬剤師へ。
私のCAREER 6年制卒
6年制卒 先輩薬剤師

5年後、10年後の自分を イメージできる職業意識を持つ

 5年生の秋頃、薬剤師にできることを知りたくて複数の薬局の店舗見学をした時、接客態度や薬の扱いなどの小さな所作にも、意識の高さを感じたのがアイン薬局でした。それが、調剤薬局の仕事に興味を持ち始めたきっかけです。  いよいよ就職先をという頃、アイン薬局の人事の方の言葉――「本当に自分がしたいことは何か」、「業界について知っているのか」という問いかけに、自分の考えの甘さを認識。そこから資料を読みあさり、薬局が置かれている現状を研究したことで、改めて調剤薬局で病気と対峙する患者さまに接していきたいという思いを強くしました。

全体表示
2014年取材記事
在宅医療に携わるのが目標。 専門力を強化していきたいです。
私のCAREER 6年制卒
6年制卒 先輩薬剤師

日本最大級の医療モール その調剤薬局で 知識と経験を積み上げる

 小さい頃から、薬局に来られる地域の方が薬剤師である母親の言葉で笑顔になる姿を見てきて、「患者さまにより身近な調剤薬局で働きたい」と思いました。アイングループを選んだのは、多くの門前薬局を持ち、他店舗への応援研修等も充実し多様な経験ができると考えたからです。  配属先は、先端予防医療センターほか13の診療科の外来(薬物)治療を担うあべのハルカス店。鑑査、調剤、服薬指導と、先輩の指導を受けながら業務に当たっています。扱う薬の種類・品目数が多く、勉強することは山ほどありますが、専門力を磨くには格好の環境と思っています。薬剤師となって数カ月、患者さまの質問に上手く答えられないことも時にあります。そんな場合は、次回はしっかり答えられるよう情報を収集して知識を補強しています。自分の言葉で自信をもって説明することで、患者さまの不安も解消されると実感。「よくわかったわ」と笑顔で帰っていただけるのは嬉しいですね。やりがいを感じる瞬間です。

全体表示

ページトップへ戻る