様々なキャリア~目標とする働き方~

京都第二赤十字病院

業種・職種 病院
2018年取材記事
臨床薬剤師としてのスキルを高め 医療の質的向上や医療安全に貢献。
私のCAREER 病棟薬剤業務係長
キャリアの軌跡と今後

ICU病棟の専任薬剤師として 患者さんの症状改善に貢献

 大学院で感染成立のメカニズムなどについて研究を行う中で臨床研究にも興味を持つようになりました。当院の薬剤部長(当時)の「研究ノウハウを持つ臨床薬剤師を育てたい」という意向と合致したこともあり、当院への入職を決めました。  1年目は調剤の基本を徹底して学び、さらに後半からは病棟での研修も始まり、様々な診療科の病棟を一通り経験しました。2年目からはICU病棟を中心に担当し、3年目からは同病棟の専任薬剤師になりました。  ICU病棟では、これまで薬剤師が常駐することがなかっただけに、最初は私も受け入れ側の病棟スタッフもどう対応すればいいのか戸惑いもありました。積極的にコミュニケーションをとって情報を収集し、カンファレンスにも自ら進んで参加。「薬剤師としてできることは何か」と糸口を探し、例えば配合変化が一目でわかる表を作成したり、使用実績に応じて常備薬の見直しをしたりすることで、徐々に信頼関係を構築していきました。ICUの患者さんは重症度が高く、まさに生死を分けると言っても過言ではない治療の根幹に関わる薬剤について医師に処方提案し、それが採用されて患者さんの命が助かったり、症状が改善されたりすると、大きなやりがいを感じます。

全体表示
2018年取材記事
薬学的な視点から栄養摂取を阻害する要因にアプローチし、症状改善につなげたい。
私のCAREER 日本静脈経腸栄養学会 栄養サポートチーム(NST)専門療法士
資格取得

薬学的な視点から 栄養状態の改善に貢献

 栄養の重要性は認識していたものの、最初の1~2年は業務を覚えることに必死で深く勉強する機会がありませんでした。3年目を迎える頃にNST(栄養サポートチーム)の薬剤師にNST専門療法士研修に誘われ、「栄養について勉強するよい機会だ」と思い、参加を決めました。  当院はNST専門療法士の認定研修施設になっているため、まずは当院で2週間にわたって他施設の看護師や栄養士とともに研修を受講。他職種と一緒に学ぶ中で、互いの職能に対する理解を深めることができ、また栄養管理に関わる共通認識も育まれ、NSTに参加するよい準備となりました。  研修修了後は、実際にNSTの活動に参加。各病棟を回診し、対象となる患者さんの栄養サポートを行います。抱える課題は患者さん一人ひとりで違うため、個人に合わせた介入が重要になります。家族の協力も必要不可欠となるため、家族状況や生活スタイルなど、丁寧に患者さんのバックグラウンドをヒヤリングし、最適な栄養サポートの方法を考えていきます。例えば、栄養状態改善のために最適な輸液療法を検討したり、下痢や嘔吐などの消化器系合併症が薬剤によって引き起こされていないか考えてみたり…。薬剤師として、特に薬学的な視点から医師や看護師などに啓発できるよう努めています。  やせ細っていた患者さんの栄養状態が改善し、疾病の治癒につながり、笑顔で退院される様子を見ると、大きなやりがいを感じます。また、看護師や栄養士と協働することで、様々な視点から患者さんの栄養状態の改善を考えられるようになり、引き出しが増えたと感じています。

全体表示

ページトップへ戻る