様々なキャリア~目標とする働き方~

神戸市役所

業種・職種 官公庁(公務員)
2017年取材記事
社会的影響力の高い衛生監視業務を通じ、市民の暮らしの安心安全を守っていきたい。
私のCAREER 衛生監視員
キャリアの軌跡と今後

在学中に起きた食中毒事件で 衛生監視員という職務に興味

 生まれ育った神戸の人々の役に立ちたいと選んだのが、市の公衆衛生に関わる衛生監視員の仕事です。在学中にある企業の乳製品による集団食中毒事件が社会を賑わせ、食品衛生管理の重要性を知ったことが志望動機のひとつです。病院・薬局やMRを志望する学生が多い中で、メジャーではないけれども公共性の高い仕事に挑戦したいという気持ちもありました。  現在まで4つの部署を経験し、飲食店や食品工場などの食品衛生の監視・指導業務や薬局薬店の許可業務などに携わってきました。各施設が食品衛生法や薬事法といった法律で定められた基準に沿って設置・運営されているかを監視、逸脱している部分があれば改善指導などを行う、市民の健康を陰で守るのが私たちの役割です。

全体表示
2017年取材記事
広く市民に信頼される存在として 食の安心安全を守っていきたい。
私のCAREER 6年制卒
6年制卒 先輩薬剤師

大学で学んだ公衆衛生の知識を ベースに食品衛生業務を担当

 神戸市職員として最初の4年間は、中央卸売市場の中にある食品衛生検査所で、市場で流通する食品の衛生状態の監視・検査業務に携わっていました。食品衛生法に基づいて、食品の添加物や残留農薬、微生物などの検査を実施し、問題があれば改善を指導。衛生状態がよくなる様子が実感できる、やりがいのある仕事でした。  現在は、神戸市中心部の3つの区を管轄する衛生監視事務所に異動し、飲食店や食品工場といった食品取り扱い施設の営業許可や衛生状態の監視・指導などの業務に就いています。同じ食品衛生業務でも、以前と違い、関わるのは規模も取り扱う食品も多種多様な施設の方々。施設の衛生管理は営業者の責務とはいえ、初対面の方にも衛生確保の重要性を理解いただき、衛生レベルの向上に積極的に取り組んでいただくため、常に相手の立場に立ったコミュニケーションを心掛けています。知識があることはもちろん、話し方も説得力のあるものでなければなりません。大きな責任を伴うだけに、巡回・監視業務は職員がペアで行うことが多く、部署の先輩から知識や話し方などについて直接学べるのは心強いです。法律や食品流通の知識は業務の中でも学べますが、大学の授業で学んだ公衆衛生の知識も役立っています。

全体表示

ページトップへ戻る